スポンサーサイト

  • 2014.07.05 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾

何を考えているのか?
その場しのぎの人気取りの為の拉致被害者帰国を金で買う為か?
あまりの思考能力が低さに同盟国も頭を抱えてしまうだろう。
その馬鹿っぷりは自らを虎視眈々と狙う北朝鮮のバックである中国に助けを求める韓国を全然笑えない。
その中国ですら金正恩のキチガイっぷりに嫌気がさして距離を置こうとしている。
その為に失った北朝鮮の資金源を今度は日本が提供しようとしているのだ。
その見返りに北朝鮮が何をするのか?
拉致被害者問題の協議が始まって北朝鮮が具体的にしたことと言えば日本海へ向けてのミサイル発射くらいだ。
JUGEMテーマ:ニュース
続きを読む >>

異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準

天下の悪法である。
いや、法ですらないのであるが、この決定を元に今後の国家の根幹である防衛政策が決まって行くのだ。
安倍内閣が決定した集団的自衛権に関する閣議決定だ。
集団的自衛権に関する議論は必要かも知れない。
しかし安倍内閣は最悪の形で行使を決定した。
全文を読むと、本当にそのいい加減な姿勢がよくわかる
 
JUGEMテーマ:ニュース
続きを読む >>

ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?

ヘイトスピーチと言う言葉がいつの間にか世間に広まった。
何でも横文字にすれば真新しく感じるものだからな〜と町人は思っていたのだが、この言葉の台頭にはもっと根が深い問題が絡んでいるように思えてきた。
そもそも「ヘイトスピーチ」なる言葉が巷で使われだしたのは在特会のデモがきっかけである。
今や知らない人はいないと思うが在特会とは「在日特権を許さない市民の会」だそうだ。
いわゆるネトウヨのオフ会みたいなもので、大半の主張はキチガイの妄想みたいなものだと町人は認識していた。 
しかし、彼等の主張に対する、ヘイトスピーチという表現の登場、反ヘイトスピーチ団体の出現などを見るに連れ9割はキチガイの妄想としても残りの1割に疑わしき部分があるのでは?と思うようになってきた。
まあ明らかに無理のある陰謀論やハードルの低過ぎる「在日認定」はともかく、在日特権の実態については非常に興味があるし、あと在日の人とパチンコ業界の結びつきはかなり重要だと思う。
なぜなら違法な「私営ギャンブル」を法の番人である警察が保護するという事態は明らかに異常だからだ。
これは町人が個人的に体験した話で、違法なはずのパチンコ店の景品交換所の出店に、警察の人間が関与していたという事実に基づいた疑問だ。
続きを読む >>

25年を迎えた天安門事件といまだ知られざる無名の反逆者

JUGEMテーマ:ニュース
 
いまだに解決するどころか中国の人権状況は悪化しているそうだ。
ゆえに天安門の悲劇はまだ風化しない。
天安門の無名の反逆者への想いをU2の名曲を使って表現した動画をアップしてみた。
よかったら見て欲しい。

続きを読む >>

集団的自衛権を行使した結果??民間人80万人が死んだ戦前

集団的自衛権の論議が活発になっている。
安倍内閣は議論の行方を待つつもりがあるのかわからないが。
しかし、ここで一つ町人は聞いてみたい。
集団的自衛権の行使は国民を守る為に必要なのか?
なぜか議論は非常に些末な部分で交わされてる。
こういう場合はどうなのか?
こういうケースではどうなのか?
すべて無意味である。
どんなケースを想定しても想定出来ない事態が起こるのは必然であり、それは東日本大震災で想定以上の津波が起こった結果からも明らかだ。
では、どう判断すればいいのか?
物事には結果があり、結果から判断することも必要だ。


続きを読む >>

原発事故の健康被害と風評被害を測りにかけるバカ

安倍はやはり正気じゃない。
もっと控え目に言うとバカだ。
第二次安倍内閣の発足直後は、少しはマシになったのかと様子を見ていたが、完全に化けの皮が剥がれてしまった感だ。
今の自民党への支持は民主党のオウンゴールの結果でしかないのだが、やはり理解出来ていない。
ただ、民主党が崩壊した今、安倍の代わりがいない、と言うより誰でもそんなに変わらないという理由からの消極的な支持でしかない。
加えて中国の海洋進出や反日デモなどの外的な要因が国民を不安にさせ、そういう問題に対して態度のはっきりしない野党に対する不信もあって支持率が落ちないだけですべて「敵失」の結果である。
それはさて置き、まるで政府見解と違う発言をする者には断固として言論弾圧をする、と言わんばかりの香ばしい見出しだ。
しかし現実はその発言とは裏腹にじわじわと原発事故の被害が単なる「風評」とは言えないレベルに拡がって行っているのが明るみに出ている。
福島の子ども甲状腺がん50人に 県、放射線の影響調査
続きを読む >>

「トモダチ作戦従事の元米兵、東電を提訴」の記事から推測する福島の被曝の現状

JUGEMテーマ:ニュース

政府と東電の隠蔽工作によって沈黙する国内のメディアが報じない福島の原発事故の現状。
海外メディアの記事に基づく報道によると、あのトモダチ作戦に参加した米兵にも被害があるようだ。

トモダチ作戦従事の元米兵、東電を提訴 “金属の味”の物質が甲板に降り積もったとの声も…海外紙報道
しかも作戦参加の際には「医学的に健康で疾患なし。政府に訴訟を起こさない」という文書にまで署名させられたという。
しかし現実には多くの兵士が健康被害に苦しんでいるという。
更に汚染された空母はその後任務につけず、最悪廃棄もあり得るという。
本来なら日本が大変な時に駆けつけてくれた米軍には感謝してもし足りないはずなのに、何と言う仕打ちだ。
サムライは義を重んずると嘯くが、官僚サムライは恩も仇で返すのか?
しかもこの隠蔽の構図からはある疑惑が浮かび上がる。
同様の文書に原発の作業員も署名させられているのでは?という疑惑だ。
噂レベルだが、福島で甲状腺癌を発症した子供達の両親も将来の為にならない、と口止めされているという話もある。
しかも論理的に考えれば一時的に救助に参加した米軍が健康被害を受けていて、あれからも流出が続く福島の人々や環境に何の被害もないとは全く考えられないではないか?
そしてこの事実もやはり闇に葬るのがサムライなのか?
いよいよ日本は官僚サムライの手によっておかしな方向に向かわされていると危惧する町人の一分である。

原発事故被害を「認めない」事を「ない」と嘯く原発ファシズムの構図

異常な情報統制である。
国や自治体の見解と違うことを主張すると全力で叩かれる。
「風評被害」の名の下に原発事故の死者も健康被害もなかったことにされている。
本当に民主主義の国だろうか?
中国のような独裁国家とどう違うのだろう?
国会議員が堂々と「福島原発の事故では死者は出ていない」と言うが、海外では元所長を始め作業員の死も報じられている。
また、福島の子供達から一般的に言われているよりも10倍もの甲状腺癌が見つかったのに国は関連性を否定している。
では国のやることは完璧か?
被曝と健康被害の因果関係など一朝一夕にはわからない。
原爆訴訟ですら今年になって裁判で認定された例もあるのだ。
つまり誰かが訴えて裁判で原発事故との因果関係が認定されるまで知らぬ存ぜぬを決め込もうと言うだけに過ぎない。
そしてその隙に原発再稼働を既成事実として押し切ってしまおうという浅薄な手段がミエミエである。
その片棒を担ぐために原発事故の被害をなかったことに、健康被害への疑問は何でも風評被害に結びつける県も異常である。
お上が認めない物存在しない、まさに官僚サムライが勢いを増して国民を踏みつけにする時代が来てしまった感だ。
それにしてもシラを切るだけならまだわかるが、批判する者を叩くとはどういう事だろう。
本当にこれは原発ファシズムだ。
機会がある毎に訴え続けて行こうと思う町人の一分だ。

iTunes Matchの日本での提供開始と音楽ビジネスの未来

待望のiTunes Matchが今月からついに日本でも開始された。
町人のライブラリは一万曲を越えていてマッチングに非常に時間がかかり、なおかつゴールデンウィーク中で出かけることが多かったのでその間中断して、結局一週間ほど設定に時間がかかった。
が、設定が終われば使い心地もよく、まあ値段が当初見込んでいた年額2000円台から一気に年額3980円に上がったのはちょっと痛かったが、それでもその価値は十二分にある、と断言できる。
Androidを使っているならGoogle Play Musicという似たようなサービスがありしかも無料なのだが、まだ日本では正式にサービスが始まっていない。
実は町人は既にGoogle Play Musicを使っているんだが、メインの端末はiPhoneだ。
iPhoneにもGoogle Play Musicのクライアントアプリはあるのだが、使い勝手はイマイチだ。
ともかくこれでiPhoneとPCを繋ぐ必要が全くなくなったわけで、スマートフォンというアイテムが日本において新しい時代を迎えたとも言えるかも知れない。
のみならず町人はこれを音楽ビジネスの新しい時代の到来も意味するのではないかとも思う。
続きを読む >>

復興支援という名の国​家総動員法が生み出し​た原発ファシズム

JUGEMテーマ:ニュース

 マンガ「美味しんぼ」に登場する福島原発に関連した表現が物議を醸している。
ま、町人は未読なので論評しないがこの流れに関しては以前から感じていた危険な兆候が、はっきりと形になって現れてきた物として危機感を持っている。
それは民主党政権の失策、失速、失墜とタイミングよく?訪れた東日本大震災に絡み忍び寄ってきた新たなファシズム、言論統制である。
これに中国や韓国などの反日デモ、反日活動が拍車をかけ、日本の民主主義は真綿で首を絞められるようにじわじわと息の根を止められようとしている、のかも知れない。

小保方さんの時もそうなのだが、科学的な現象は本来は長い期間データと睨めっこして検証し、仮説を立て、証明し、反証され、また理論の欠陥を探し、と息の長い作業の末に結論が出る。
それが政治的な意図や無責任でゴシップ好きなマスコミに引っ掻き回される状態が続いている。

続きを読む >>

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
amazon
人気ブログランキング
yahoo
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM