スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


タガの外れた北朝鮮は戦前のわが国と同じ轍を踏むのか?

北の食料難、「危機的」に=90年代後半以降で最悪−アムネスティ

【ロンドン28日時事】

国際人権擁護団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は28日、世界の人権状況をまとめた年次報告書(2009年度版)を公表。この中で北朝鮮について、「1990年代後半以降で最悪」という危機的なレベルの食料難に直面する一方、当局は人々の生存に最低限必要な食料を確保する対策さえ怠っていると批判した。

報告書によれば、北朝鮮は「過去10年間で見られなかった規模」の飢餓に見舞われ、何百万人もが苦境に陥っている。大半は雑穀などで胃を満たすことを余儀なくされ、野草で食いつないでいる人も多いという。

こうした状況にもかかわらず、北朝鮮当局は米国からの食料支援受け取りを拒否した上、昨年3月末には米国の人道団体の国外退去を命令。食料不足の報が全国に広がるのを防ぐため、長距離電話回線が遮断されたとも伝えられるとしている。
(2009/05/28-13:11)
JUGEMテーマ:ニュース
続きを読む >>

本当に人工衛星なら日本は世界の笑いもの

「人工衛星、軌道に乗る可能性」日米両政府<4/3 15:52>

日米両政府が、北朝鮮が4日以降の発射を宣言しているミサイルについて、「実際に人工衛星として、地球の周回軌道に乗る可能性がある」と分析していることがわかった。政府関係者は「人工衛星も長距離弾道ミサイルと脅威は同じ」として警戒している。

政府関係者は日本テレビの取材に対し、人工衛星には長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の推進エンジンが使われていることから、「衛星打ち上げの目的は、開発途中のテポドン2号の性能を実際に確認することである」とみている。
(日テレNEWS24)
JUGEMテーマ:ニュース
続きを読む >>

失敗すると決まったわけではないのに先に責任のなすりあい

安保で政府内ちぐはぐ 破壊命令防衛省と官邸対立

2009年3月29日

北朝鮮が「人工衛星打ち上げ」として発射する長距離弾道ミサイルへの対応など、安全保障政策をめぐって政府内で意見が食い違う場面が目立っている。

二十七日に発令されたミサイル防衛(MD)システムによる破壊措置命令をめぐる過程では、防衛省と首相官邸の意見が対立。防衛省幹部は「首相官邸との間にずれがあった」と認める。

防衛省としては、迎撃に万一失敗した場合の責任を防衛省に押しつけられることを嫌い、破壊措置命令を閣議決定したいとの思いがあった。これに対し首相官邸側は、閣議決定すれば、北朝鮮を刺激しかねないとの判断があったほか、人工衛星が飛来することを断定することになりかねないため、慎重な考えだった。

最終的には、閣議決定は行わないものの、外務、防衛、財務など各閣僚が参加した安全保障会議で決定する手順を踏むことで、防衛省が求めた責任の共有には一応、配慮する形に落ち着いた。

政府筋がMDによる迎撃は不可能との認識を示した問題でも、河村建夫官房長官や浜田靖一防衛相が全否定したのに対し、中曽根弘文外相は「難しいのは事実だろう」と指摘するなど、認識のズレもあった。外務省内には防衛省に対し「あまり迎撃すると言わない方がいい」との声も出ていた。
(東京新聞)
JUGEMテーマ:ニュース
続きを読む >>

遺族感情を無視して残虐なテロをお涙頂戴に演出!

金元死刑囚面会「先に日本人おかしい」…大韓機爆破遺族は反発

【釜山=前田泰広】大韓航空機爆破事件の実行犯で、北朝鮮に拉致された田口八重子さんから日本語教育を受けた金賢姫(キムヒョンヒ)元死刑囚(47)と田口さんの家族の面会が実現したことで、韓国では韓国人拉致事件の解決も進展するとの期待が出ている。


ただ、爆破事件の遺族は今回の面会に反発しており、この問題を巡る韓国社会の複雑な構図も浮き彫りになった。

韓国人拉致被害者の家族でつくる「拉北者家族の会」の崔成竜(チェソンヨン)代表は、「面会は日韓両国が拉致問題解決に向けて協力した大きな一歩だ」と歓迎した。一方で、韓国では、拉致問題に対する世論の関心が低いことから、「日本政府のように被害者の救出に力を入れてほしい」と韓国政府に注文を付けた。

爆破事件の遺族らは、金元死刑囚が田口さんの家族と面会したことに強く反発している。

関係者によると、「事件の遺族と会って直接謝罪するのが人間としての道理だ。先に日本人と会うのはおかしい」などの批判が相次ぎ、面会を妨害する意向を示す遺族もいたという。

面会実現の過程では、韓国の柳明桓(ユミョンファン)・外交通商相が2月、日本人拉致問題を「迅速に解決すべき人権問題」と位置づけ、「遅からず面会が実現される」と述べるなど、拉致問題に消極的だった韓国政府の変化も印象づけた。

ただ、北朝鮮は韓国人拉致を認めておらず、韓国政府が対話の糸口を探るのは極めて困難な状況だ。拉致問題で日本と連携を強めれば、これまで以上に北朝鮮が反発する可能性もあり、「今さら、なぜ金賢姫なのか」と突き放した考えを示す政府関係者もいた。

金英秀(キムヨンス)・西江大教授(政治外交学)は、「日韓協力の良い事例になった」と今回の面会実現を評価する一方、「韓国では拉致問題は個人で解決する問題とされ、世論の関心も低い。今回のように日韓で共通する拉致事件は少なく、韓国が協力できる範囲は狭い」と指摘し、拉致問題を巡る日韓の協力関係の強化には悲観的な見方を示している。
(2009年3月12日03時08分 読売新聞)
JUGEMテーマ:ニュース
続きを読む >>

北朝鮮の迷妄的な恫喝と拉致家族会の無駄な動き

拉致問題、制裁強めることが必要 特派員と懇談で横田さん

北朝鮮に拉致された横田めぐみさん=失跡当時(13)=の父滋さん(76)と母早紀江さん(73)が10日、東京都内で海外メディアの特派員と懇談し、滋さんは「拉致問題解決のためには、日本は独自に北朝鮮への制裁を強めることが必要だ」と述べた。

懇談は、拉致問題への国際的関心を高めるため、政府の拉致問題対策本部が主催したプレスツアーの一環。参加した英国、フランスなど7カ国の特派員8人は、2人の話を熱心にメモを取りながら聞き入っていた。

オランダの特派員から、拉致被害家族の負担について質問されると、早紀江さんは「誰に降り掛かっても気が狂うような問題。(拉致された)新潟時代の悲しさは表現できない」と話した。

懇談に先立ち、参加者は新潟市のめぐみさんが拉致された現場を訪れ、めぐみさんが通っていた市立寄居中学校から当時の自宅までの通学路を、新潟県警の説明を受けながら視察した。
2009/03/10 18:51 【共同通信】
JUGEMテーマ:ニュース
続きを読む >>

北朝鮮が韓国を「ファッショ」と非難!

北朝鮮、新年の辞で韓国を非難
米国には「非核化実現」の融和的メッセージ

北朝鮮は、『労働新聞』『朝鮮人民軍』『青年前衛』各紙の1日付紙面に共同社説という形で新年の辞を発表し、「(李明博〈イ・ミョンバク〉政権は)6・15と10・4宣言を全面否定してファッショ独裁時代をよみがえらせようとし、北南対決で狂ったように暴れる執権勢力だ。南朝鮮の人民は、保守当局のファッショ統治を一掃してしまうための闘争の炎をさらに激しく燃え上がらせなければならない」と語った。

北朝鮮は1995年以降、共同社説を通じ、金正日(キム・ジョンイル)総書記の新年における政策の方向性を明らかにしてきた。この共同社説で韓国の住民に反政府闘争をそそのかすのは、極めて異例のことだ。統一研究院は、「“南南対立”をさらにあおろうという意図があるものとみられる」と語った。

この日の共同社説で北朝鮮は、韓国政府に対しては「6・15宣言および10・4宣言を誠実に履行しなければならない」と激しい言葉を書き連ねたが、一方米国に向けては融和的なメッセージを発信した。主張の内容は、「朝鮮半島の非核化を実現し東北アジアの平和を守るための対外政策の正当性が誇示されている。われわれと友好的に接する国々との関係を発展させるだろう」というものだった。共同社説に「非核化」という用語が登場したのは、今回が初めてだ。

東国大のキム・ヨンヒョン教授は「核問題に関し、(米国の)オバマ次期政権と積極的に交渉に臨むつもりだというメッセージ」と語った。在韓米軍の撤収や韓米軍事訓練の中断などに全く言及していないのも、これと同じ流れに属するという観測だ。また韓国との関係でも、「韓国を強く非難したものの“軍事的打撃”などに触れなかったのは、関係改善を注意深く模索しようという態度」(イ・ジョウォン中央大教授)だという分析が出ている。

世界的な金融危機の中、「経済再生」を軍事・思想問題より優先して記述したことも特徴的だ。しかし、経済再生の手法は改革・開放ではなく、住民の労働力を大規模に動員する1950年代の「千里馬運動」を強調した。また共同社説は、千里馬運動が始まった千里馬製鋼連合企業所を金総書記が昨年12月24日に視察したことの意味を強調し、「新たな革命的大高潮」という表現を繰り返した。「千里馬」という単度も11回用いられた。韓国政府当局者は、「中国経済が困難に見舞われ韓国の経済協力も期待し難い状況において、“第二の千里馬運動”を表に出したのは、北朝鮮が困難を自ら認めたことになる。しかし労働力を搾り出すやり方は、現在では成功は難しい」と語った。

共同社説には、金総書記の健在ぶりを誇示し体制を引き締めることを意図した内容も含まれている。「将軍様(金正日総書記)は無限大の活力をお持ちで…全国至るところで伝説的な強行軍」と記したほか、「人民は首領を絶対的に信頼」「思想的一色化」「異色の生活風潮を許さず」「一心団結」などの表現がみられた。


安勇(アン・ヨンヒョン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
JUGEMテーマ:ニュース
続きを読む >>

北の将軍様の影武者はPC?

金総書記の写真は合成? 「影が不自然」と英紙

7日付の英紙タイムズは、北朝鮮メディアが最近配信した金正日総書記の写真は合成写真の可能性があり、健康問題で新たな憶測を呼んでいるとソウル発で伝えた。

同紙が注目したのは、総書記と朝鮮人民軍の軍人らとの記念撮影として、朝鮮中央通信が5日配信した写真。
不自然な点として(1)総書記と他の軍人らで影の角度が違う(2)軍人が立つひな壇には地面と平行に黒い線が伸びているが、総書記の後ろだけこの線がない−の2つを挙げた。

金総書記はサングラスをかけハーフコート姿で、撮影日時は不明。

北朝鮮メディアは今月に入って、金総書記の写真を何枚も公表。
タイムズ紙はこれについて「われわれの指導者は元気であり、(米国の次期大統領と核問題などで)交渉の用意があると言いたいのだ」とするソウルの北朝鮮専門家の見方を紹介した。
JUGEMテーマ:ニュース


続きを読む >>

本当に拉致問題の解決を望むなら吉報のはず

北テロ指定解除、拉致家族ら落胆・憤り・怒り
「私たちの手の届かないところで物事が進んでしまう」――。
北朝鮮への経済制裁の根拠となる「テロ支援国指定」を11日、米国がついに解除した。

解除に反対し続けてきた拉致被害者の家族たちは、米国の決定を止めることができなかった日本政府に対しても、不満や怒りを訴えた。

拉致被害者家族会は、北朝鮮を政治的にも経済的にも追いつめることが、被害者の早期解放につながるとして、北朝鮮への国際協調融資などが事実上できなくなる米国のテロ支援国指定を、「北を苦しめる有効な武器」(事務局長の増元照明さん)と位置づけてきた。

それだけに、指定解除は、家族にとって大きな手立ての一つをなくしたのと同じで、有本恵子さん(当時23歳)の父、明弘さん(80)は憤る。

「これまで築いてきた日本と米国との信頼関係が一気に崩れてしまう。日本政府には、我々家族を無視して筋の通らないことをした米政府に、断固抗議してもらいたい」

家族会代表の飯塚繁雄さん(70)も「手の届かないところで物事が進んでしまう。我々はそんなに小さいものなのかなと、むなしく思う」と残念そうに語り、「日本政府が、こうなることを想定して明確な方針を打ち出していれば、我々もここまで落胆しなかったかもしれない」と続けた。
JUGEMテーマ:ニュース
続きを読む >>

北の変化のチャンスを日本は見逃してはならない!

金正日が危ないと言うウワサは何度か出たが今度は本当のようだ。
でなければ建国60周年の軍事パレードへの欠席という事態はどう考えても想定できる事態ではない。

しかもそれが重篤であると言う可能性は十分にありうる。
なぜなら回復の見込みのある状況であれば影武者の起用と言うことも考えられるが、それもないということは回復の見込みがないとみなされている可能性が高い

いずれにせよ北の独裁者が消えることになり、また現状まだ不透明な後継問題を考えるとなれば、それは北の変革のチャンスである。
これに対して隣国であり、またお互いに「敵国」とみなし合っている日本はどう対処していけばいいのだろうか?
JUGEMテーマ:ニュース
続きを読む >>

意味不明な北の対応

どういうことであろうか?
北朝鮮が拉致問題の再調査の延期を発表した。
先日、テロ支援国家指定の解除が遅れたことを理由に、各施設の復旧に着手したことを考えると、お得意の駆け引きであることは予想がつくがその理由が笑える

福田首相の辞任により日本の政局が不透明だからだと言うのだ。
意味がわからん。

なぜなら国家同士の取り決めと言うのは別にその国の首脳が替わろうが替わるないが基本的には関係ない
それは国と国との約束であるから、お互いの国が存続する限り約束は履行されるべきであるし、履行しない国は約束を破ったことになる。

しかしまあ本当のところをいうとこの状況での再調査延期は、実はアメリカのテロ支援国家解除の遅れのあおりを食らったと見る方が正しいとは思う。

言ってみれば今回の日本の政変とその後のゴタゴタはその適当な理由にされてしまった感が強い。

北のようなとんでもない国から見ても、今回の日本の首相の突然の無責任な辞任劇はネタにせずにはいられないと言ったところか。
JUGEMテーマ:ニュース

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
amazon
人気ブログランキング
yahoo
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    町人 (07/15)
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    powerpc970 (07/15)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    町人 (06/11)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/02)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/01)
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    山本 真 (06/12)
  • ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?
    ニンニク姉妹 (08/31)
  • 集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾
    四九蔵小僧 (07/05)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    町人 (07/04)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    十三小僧 (07/03)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM