<< 経済への影響優先のWHOでパンデミックは防げるのか? | main | 神奈川県よりも広い農地が耕作放棄! >>

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


憲法改正論議と蒼天航路

憲法記念日の新聞社説 「集団的自衛権」と「生存権」に分かれる
2009/5/ 3

5月3日、憲法記念日。新聞紙各紙は社説・社会面を中心に、日本国憲法に関する話題を特集したが、「9条」「集団的自衛権」を取り上げたところと、経済不況がらみで「生存権」に焦点をあてたところに分かれた。

産経、日経、読売は「集団的自衛権」解釈の見直し求める

産経新聞の「主張」の見出しは、「脅威増大を見過ごすな 9条改正し国の安全を守れ」。国際情勢や安全保障環境が大きく変化している中、「問題の根幹は、自衛隊を軍隊と認めず、国家の防御を抑制してきたことにある。憲法9条がその限界を作っているのは明らかだ」と指摘、憲法9条の改正が急務であることを訴えた。

くわえて、ソマリア沖の海賊対策として、武器使用の基準を緩和した「海賊対処法案」については、あくまで海賊船を追い払う警察権の行使でしかなく、「逃走防止や人質奪還の武器使用は9条が禁じる『武力行使』と一本化しかねないと禁じられている。これでは脅威を排除できない」と述べている。また、日米の共同防衛を強く説き、「集団的自衛権」の憲法解釈の見直しを迫った。

日経新聞は「日本国憲法を今日的視点で読み返そう」という見出しで掲載した。集団的自衛権をめぐる憲法解釈の見直しが話題だ。日経新聞は01年の米同時多発テロ以来、集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈の見直しを訴えている。社説では「現在ある非現実的な制約を除去すれば、国際社会の安定のために日本が能力の範囲内で活動できる場は広がる」と主張している。

読売新聞も同様に、海賊対策にあたる海上自衛隊のソマリア沖派遣や、北朝鮮の弾道ミサイルへの対処についての議論に触れ、「集団的自衛権は『保有するが、行使できない』とする政府解釈が、自衛隊の実効的な活動を妨げていることは明らかだろう」としている。そして、憲法改正の手続きを定めた国民投票法が07年に制定されているものの、現在は憲法改正論議が失速していることを指摘。与野党ともに憲法審査会を始動させるべきだと主張している。

一方、毎日新聞の社説は、見出しを「もっと魅力的な日本に 軍事力の限界見据え」とした。「世界的なパワーシフトの中で、従来の日本の安全保障政策でよいのか、再考する必要がある」として、次のように述べている。
「北朝鮮が核とミサイル開発を手放そうとしない現状では、米国との同盟が日本の安全に不可欠なのは明らかだ。しかし、追随するだけでは日本は国際政治の脇役に追いやられ国益を守れない」

朝日、東京は「生存権」を取り上げる

朝日新聞の社説は、憲法25条の「生存権」を話題にした。見出しは「貧困、人権、平和を考える」。この経済不況の中、08年末には「年越し派遣村」で過ごした労働者がいたことに端を発した。社説では、昭和初期の過酷な労働環境と社会不安が戦争へと突き進んでいった「過去」を繰り返してはいけない、と強調する。そして、「一億総中流」時代は今や崩れかけ、漠然とした不安がある時代だからこそ、憲法25条とは正面から向き合う必要性があるとしている。

また、東京新聞も「生存権」を話題にした。朝日新聞と同様に経済危機、派遣村からの貧困層が急増していることを指摘した。雇用労働者の3分の1が非正規雇用であることを取り上げ、「富めるものはますます豊かに、貧しいものはますます貧しく」なる社会を危惧している。「人間らしく生きるための最低条件を保障すべきセーフティーネットもほころびだらけ」として、雇用や福祉制度の見直しは急務だと主張した。
JUGEMテーマ:ニュース
昨日、憲法の日を機に、各メディアで様々な意見が出た。
護憲論、改憲論、それぞれの意見はそれなりに的を得ている面もあるとは思う。
しかし通り一遍な憲法論議では町人らしくないので、今回はちょっと俗っぽいが町人の好きなマンガを通して語ってみたい。

町人は「蒼天航路」といういわゆる三国志のマンガのファンであった。
連載中は欠かさずチェックし、単行本は全巻持っている。
何が面白いかと言うと従来の三国志マンガのようなお行儀のよさがなく、破天荒な展開もあり(特に赤壁のあたりはちょっと破天荒すぎと言うか、歴史マンガとしてギリギリ?いやはみ出してしまった感もあり)、各キャラの個性も際立っていて(実際こんなに濃いキャラがこれだけの登場でおしまい?みたいに思えるほど)まあ活劇的な面白さに満ちているマンガである。
特に初期はその傾向が強い。

なんでこのマンガを今思い出したかと言うと、例の「レッドクリフ」のヒットで今三国志ブームが起きている中、遅ればせながら現在アニメ化され、放送中だからである。
で、その第四話に興味深いシーンがあった。

成人して首都洛陽の北部尉、北門の警備隊長に就いた曹操に関する逸話である。
曹操は洛陽の治安悪化回復のため自らが担当する北門の警備を強化した。
夜間の出入り禁止や乗馬、帯刀での出入り禁止などを徹底、違反したものは貴族、皇族と言えども罰すると言う姿勢で臨んだ。
それにより北門周辺の治安は回復したが、逆に反感も生んだ。

その辺の細かい経緯はさておき、場面は皇族、時の皇帝の叔父・亶公が興味本位から曹操の警護する北門の禁令を破ろうとしたところで始まる。
たとえ隊長の命令とはいえ皇族に無礼を働いてタダで済むわけはない。
躊躇する隊員の前に曹操が現れ、亶公の捕縛を命ずる。
そして自ら亶公を警護する警備兵を一撃の下に打ちのめし、曹操は亶公に鋭く問いかける

「城門はその内部の得がたい貴重なものを守るためにある。」
「皇族ならばご自身を貴重なものとお考えであろう、それはそれでよい。」
「しかしこのような護衛でご自身を守るといわれるのか。」
「殿下を守っているのは国であり、城門は国の守りを示す法の入り口である。」
「ご自身を守るための法をないがしろのされるとは! 」
「天の理を知らぬ貴人は貴人たる意味がない!」

(マンガ版より)

もちろんこのセリフ、たぶん逸話も創作である。
しかし「法家の怪物」とまで言われ、法治国家を統治の基本とした曹操の政治手腕をある意味的確に表現したセリフである。
自らを守ることは当然の権利であり、誰も否定はしない。
しかし、単に力を持って自らを守ると言うことは、より強い力の前には無力であることを示すに過ぎない。
結局のところ法により力を規制し、コントロールすることこそが自分自身をも守るのであると言うことを忘れてはならないのである。

憲法改正論議は一見、この逸話とは無関係のように見える。
しかし憲法改正を声高に主張するマスコミや、政治家はこの、興味本位で門の周りをウロウロしている皇族・亶公と似てはいないだろうか?

憲法改正、特に9条に関連する事項は、日本の軍事行使のハードルを下げる方向で動きがちである。
集団的自衛権の行使、先制攻撃の容認、物々しい内容である。
しかし、それが本当に国家、国民を守るために今一番に取り組むべきことなのか?

町人流に言わせてもらえば、こうである。

国と言うのはその内部に得がたい貴重なものを守るためにある。
国民の世論を背景に存するマスコミ、国民の支持を得て国政を司る政治家ならば、自身を貴重なものと考えているだろう、それはそれでいい。
しかし、このような軍備で自身を守れると言うのか?
マスコミ、政治家を守っているのは国であり、憲法は国の守りを示す法の入り口である。
自分達自身を守るための憲法をないがしろにするとは!
憲法の価値を知らぬマスコミ、政治家はマスコミ、政治家たる意味がない!


歴史を見渡せば、これは事実である。
軍備増強や軍事力行使のハードルを下げることが国民の安全、その制度的代表である政治家、代弁者たるマスコミの安全を保障するのかと言うと実際は逆である。
何故なら、今よりももっと軍事力行使のハードルが低く、世界的に見ても軍事大国であった戦前の日本は安全だったかと言うと、まったくそういうことはない。

2・26事件、5・15事件、時には政治家の代表者たる首相すら暗殺される時代であった。
もちろんマスコミに対する弾圧、思想統制もひどかった。
今と比べ物にならない。

では危険だった当時と政治家にとってもマスコミにとっても比較的安全な現在と何が違うのか?
軍事力の違いか?
軍事力なら当時の方が強大であった。
軍事力で政治家やマスコミが守れるのであれば、当時の方が安全であったはずであるが、現実にはそうではない。

一番大きな違いは憲法である。
憲法で規定され、保証される様々な権利、それ自身がマスコミや政治家を守っているのである。
曹操流に言うと、決して警察や公安や自衛隊ではない。
憲法によってマスコミや政治家の活動や安全は保証されているのである。
(これは政治論であって警察や自衛隊の人たちを軽んじているのではないことは賢明な方ならわかると思うが、念のため)

さて、そんな諸説溢れる憲法記念日のマスコミや各政党の諸説、どのご高説が自分自身の存在の意味をきちんと理解しているのか?していないのか?
自らの価値を理解し、存在価値があるのはどのマスコミ、政治家であろう。
そのための判断材料を提供できればと思う、町人の一分である。

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • 15:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
amazon
人気ブログランキング
yahoo
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    d (08/31)
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    ツムラ (03/19)
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    町人 (07/15)
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    powerpc970 (07/15)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    町人 (06/11)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/02)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/01)
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    山本 真 (06/12)
  • ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?
    ニンニク姉妹 (08/31)
  • 集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾
    四九蔵小僧 (07/05)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM