<< 足利事件−恐るべき冤罪の構図 | main | 足利事件−冤罪の原因はDNA鑑定の精度だけではない! >>

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


足利事件−大本営発表を鵜呑みにしたマスコミは責任を取らないのか?

1991年12月1日 読売東京 朝刊 一面 14版 1頁

幼女殺害 容疑者浮かぶ足利

45歳の元運転手 DNA鑑定で一致

栃木県足利市の渡良瀬川河原で昨年五月、同市内のパチンコ店員Mさんの長女M・Mちゃん(当時四歳)が他殺体で見つかった事件を調べている足利署の捜査本部は、三十日までに、容疑者として同市内の元運転手(四五)を割り出した。一両日中にもこの男性に任意同行を求め、殺人、死体遺棄の疑いで事情を聴取、容疑が固まり次第逮捕する。M・Mちゃんの衣類に付着していた男の体液のDNA(デオキシリボ核酸)と元運転手のものが一致したことが決め手となった。同市とその周辺では、昭和五十四年から六十二年にかけ幼女三人が他殺体で見つかる事件が起きており、捜査本部は関連に強い関心を抱いている。

周辺に類似殺人3件

M・Mちゃんは昨年五月十二日午後六時半過ぎ、父親に連れられ遊びに来ていた同市伊勢南町のパチンコ店「ロッキー」で行方不明となり、翌十三日午前、パチンコ店から南へ約五百メートル離れた渡良瀬川左岸のアシ原で死体で見つかった。死因はケイ部圧迫による窒息死で、絞殺されたと見られている。

現場付近は当時、車や人通りが多かったにもかかわらず、有力な目撃情報はなく、捜査は長期化した。捜査本部は、市内全域でローラー作戦を展開するなどして不審者や変質者の洗い出しを続け、昨年秋ごろこの男性が浮上、慎重に周辺捜査を進めていた。

捜査本部は、現場近くで見つかったM・Mちゃんの衣類に付いていた体液と、内偵中に入手した元運転手の毛髪を警察庁科学警察研究所に送り、血液鑑定とDNA鑑定をした結果、「ほぼ同一人物の遺伝子。他人である確率は千人に一人」との結果を得た。血液型も一致した。

さらに、捜査本部は、これまでの調べで、男性が<1>少女を扱ったビデオソフトや雑誌を愛好している<2>Mちゃんが失踪したパチンコ店に度々きていたが、事件後、姿を見せなくなった<3>事件当日の夕方以降の足取りが不明――などをつかんでいる。

足利市と、県境を隔てた群馬県尾島町では、ほかにも三件の未解決事件が起きている。

昭和五十四年八月、足利市内の会社員Fさんの長女F・Mちゃん(当時五歳)が、近くの神社の境内に遊びに行ったまま行方不明となり、六日後、約二キロ離れた渡良瀬川河川敷で、リュックサックに詰め込まれた絞殺死体で見つかった。

また、五十九年十一月には同市内の工員Hさんの長女H・Yちゃん(当時五歳)が、両親と遊びにきたパチンコ店から姿を消し、一年四か月後、自宅から一・七キロ離れた畑で、白骨死体で発見された。死因は窒息死。

六十二年九月には、同市から約十五キロ離れた尾島町の会社員Oさんの二女O・Tちゃん(当時八歳)が、自宅を出たまま消息を絶ち、翌年十一月、自宅から約二キロ離れた利根川河川敷で白骨体で見つかった。死人は特定されていないが、他殺と見られる。

DNA鑑定

細胞核内の染色体に含まれるDNAには、遺伝情報が四種類の塩基の配列順序として記録されている。この配列順序は個人によって異なるため、体液や血痕、毛髪など犯行現場に残された資料のDNAを分析すると個人を三百六十五通りに分類でき、血液鑑定と併用すれば百万人中の一人を特定できる。今回は、M・Mちゃんの衣類に付いていた体液が微量だったため、「千人に一人」の精度にとどまった。警察庁は今後一、二年で全国の捜査に本格導入する計画だ。昨年二月に東京都足立区で発生した主婦のバラバラ殺人事件では、容疑者の車に残されていた血痕がDNA鑑定で被害者のものと判明し逮捕の決め手となった。
JUGEMテーマ:ニュース
1991年12月1日早朝、その後無期懲役の判決を受け17年以上に及び人生を奪われた菅家さんが警察に連行された。
しかし、その事実は事前に朝日、読売、毎日の三大新聞にリークされていた。
そのひとつが上記の記事である。

こんなことがありえるのだろうか?
通常であれば容疑者に過ぎない男の情報をここまではっきりとマスコミにリークすると言うのはありえないのではないか?
まだ逮捕状も出ていない段階でのリークは捜査情報の漏洩ではないのか?
それをあえてしたのは如何に警察が何が何でも菅家さんを犯人にでっち上げようとしていたかを証明するに過ぎない。

しかも記事の内容はあまりにもお粗末である。
明らかに菅家さんが犯人であるという先入観に満ち、今となってははっきりと事実でない、虚偽の記載もある。
例えば「少女を扱ったビデオソフトや雑誌を愛好している」などということはまったくのデタラメであった。

この捜査情報のリークは警察庁によるものと推測される。
それに先んじて予算がおりなかったDNA鑑定機材のための復活折衝に向けたPR、意図的な演出のためにマスコミを利用したのである。

しかし今見ると本当にひどい内容である。
全く検証もせずに警察のリークを堂々と記事にする、典型的な御用マスコミの姿である。
御用マスコミであることにあぐらをかいて、警察の言うことを何の検証もせずそのまま載せて日本中で菅家さんを犯人に仕立て上げるべく舞台を整えてしまったのである。
これでは戦時中の大本営発表と変わらないではないか!

マスコミ、大新聞として、公器としての矜持が微塵も感じられないではないか?
こんなことがまたも繰り返されてきたのである。

マスコミを利用した警察は最低である。
しかし利用されたマスコミはこのままでは何の存在価値もないのである。

町人の目から見るとマスコミのあり方は当時も今も対して変わらないように思う。
御用マスコミの地位にあぐらをかいてお上の言いなりである。
それはサムライ官僚に付き従って甘い汁を吸う御用商人といったところだ。
それは武士の一分である。

商の道と言うのはお客様あってである。
マスコミで言えば読者だ、大衆本位でなければならないのだ。
大衆に真実を伝えること、それが町人の一分なのだ。

他の新聞の記事の詳細はわからない、しかしこの読売の記事並であったら本当に恥ずべきことである。
今回マスコミはやっとこの事件を重く扱うようになったが、それは当然である。
この当時の記事を読む限り菅家さんに冤罪を押し付けた責任の一部はマスコミ自身にあると言って過言ではないからだ!

早急に当時書いた記事についての謝罪文を書くべきではないのか?
そして当時の担当者は、この捜査情報がリークされた経緯を明らかにすべきであろう。
そうすれば警察が菅家さんを冤罪に陥れた意図がますます明確になり、警察の犯罪行為が明らかになるのである。

マスコミ各社はそれが菅家さんに対するせめてもの償いであると知るべきである。

マスコミが過去の過ちを恥じ、本来の公器としての矜持を取り戻したいのなら、勇気を出して当時捜査情報がリークされた経緯を明らかにするべきである。

今日の町人の一分である。

マスコミに真実を明らかにするように働きかけましょう!
クリックよろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • 22:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんばんは。
以前から時々拝見させていただいてましたが、コメントさせていただくのは初めてです。
今回の記事にはまったく同意します。
以前よりメディアは警察が犯罪者だと決めつけたら、徹底的にその人物のマイナス面をおもしろおかしく報道をしていると感じてました。
小学生の卒業論文にこんな異常なコトを書いた、学校や職場で浮いていた、アダルトビデオやグロい映画が好きだった、生き物を殺したなどなど……
人間、生きていれば失敗や醜い麺を他人に見せてしまうコトだってあるし、調子にのって自分を演出してみせるコトだってあります。
そんな事柄を針小棒大に騒ぎ立てて、いかにも罪を犯しそうな人物像を描こうとするメディアは異常なモノです。
しかしコレは他人の不幸をあげつらって、犯罪者をみんなで断罪してあぁ気持ちよかったって満足したがる人々がいるから、起きるものでもあると思います。
よりどぎづく、よりあざとく、より扇情的にって。
しかし、この冤罪報道で、検察や警察を批判するメディアは、自分たちが冤罪作りに加担していたってコトを忘れてしまっているようです。
よだれを流さんばかりに、思う存分犯人あつかいをしておいて。
自分たちはただ警察がこう云ったから、報道しただけだ……とでも云うつもりでしょうか?
それを勝手に菅家さんが犯人だって勘違いした国民が悪いんだとでも?
あまりにも傲慢です。
コメントありがとうございます。

ご指摘のようなメディアの異常性は当時よりも今現在のほうがさらに際立っているように思います。
容疑者をただ貶め、残虐性を強調し、判決の迅速化、厳罰化が当然のごとく世論を作り、結果このような事件が起きている。
足利事件の冤罪の構図はそういったメディアの性質を利用して警察がおのれの利益誘導に導いた結果作り出されたものだったのではないでしょうか?

現状マスコミはおのれの犯した過ちを忘れて、この事件を一般化して報道の方向をそらしはじめたように感じます。
そのようなマスメディアに対して今こそプライベートメディアとしてのネットユーザーが真実を突きつけてマスメディア断罪し、正論をぶつけていかなければならないのではないでしょうか?

Wikipediaでも「足利事件」の項目は例によって削除が議論されています。
どこからともなく事件の話題性を沈静化しようという動きがあります。

ご共感いただけるならぜひともリンクをお願いします。
無断でも結構ですし、内容をどちらかにコピペいただいても結構です。
よろしくお願いします。
  • chonin-minor
  • 2009/06/09 7:09 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
遠隔操作 PSP
「遠隔操作 PSP」に関連するブログを新着 10 件表示しています。
  • 遠隔操作 PSP
  • 2009/06/09 5:06 AM
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
amazon
人気ブログランキング
yahoo
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    町人 (07/15)
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    powerpc970 (07/15)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    町人 (06/11)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/02)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/01)
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    山本 真 (06/12)
  • ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?
    ニンニク姉妹 (08/31)
  • 集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾
    四九蔵小僧 (07/05)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    町人 (07/04)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    十三小僧 (07/03)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM