<< アジア共通通貨提唱は吉と出るか今日と出るか? | main | またもや国民生活置き去りの景気回復へ向かうのか? >>

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ザ・スクープ スペシャルを見て感じた飯塚事件と久間さん

「飯塚事件」元死刑囚の遺品 DNA鑑定を依頼

1992年に福岡県飯塚市で女児2人が殺害された「飯塚事件」で死刑判決が確定し、昨年10月に刑が執行された久間三千年(くまみちとし)元死刑囚(執行時70歳)の弁護団が、7月中旬に専門家にDNA鑑定を依頼したことがわかった。遺族に返還された久間元死刑囚の電気カミソリや歯ブラシなどの遺品のほか、久間元死刑囚の妻子の口腔(こうくう)粘膜を提供したという。

久間元死刑囚は92年2月、小学1年の女児2人(いずれも当時7歳)を殺害して山中に遺棄した疑いで、94年9月に逮捕された。再審開始が決定した「足利事件」と同じDNA鑑定法による結果が証拠の一つとされた。

飯塚事件では、再鑑定のためのDNA試料が残っていない。弁護団によると、遺品から久間元死刑囚のDNA採取を目指すほか、両親それぞれのDNAを子供が受け継ぐことを利用し、久間元死刑囚の妻子のDNAを比較分析して久間元死刑囚のDNA型の一部を再現するという。こうした手法で、被害女児周辺から採取された血痕のDNA型と対比し、当時の鑑定結果と矛盾がないかどうかを調べることにしている。
(2009年8月5日 読売新聞)
JUGEMテーマ:ニュース
さきほどテレビ朝日の「ザ・スクープスペシャル」を見た。
その内容もだがタイトルもまた衝撃的である。

「“第二の足利事件”は国家権力による殺人か!?」
おそらく以前に当ブログをご覧になった方ならその内容はある程度推測できるのではないか?
ただしやはりプロの報道機関の情報力はすざましいばかりであり、当ブログにおいては自分で言うのもなんだが推測の域を出なかった部分が非常に分厚く肉付けされて現実味を帯びてきた感があった。
それは死後再審請求という現実であり、また森法相や司法関係者、警察関係者の責任所在であり、またある方面では「陰謀論」と一笑に付されていたDNA鑑定機器導入を巡る「仕組まれた冤罪説」であり、早すぎた死刑執行に対する「証拠隠滅説」である。

番組を見た印象ではそれらへの言及は慎重な態度を崩さなかったものの、暗に語っていると言った感であった。
まあ確かに昨今テレビなどで軽はずみな憶測をしゃべるとすぐに訴訟問題になったりする。
田原総一郎の拉致被害者「生きていない」発言などに対する騒ぎなどは典型的な例である。
まあその点個人のブログは身軽なものであるが、その辺りの慎重さは見えるもののやはり大マスコミとしての情報力でかなり核心に迫る部分を見せられたように思う。

正直町人は以前よく飯塚事件を記事にした。
それはこのような弱小ブログにあって異例の注目度であり、コメントなどは多くはなかったがあちこちからリンクがあり、アクセス数も上がった。
しかし足利事件はともかく、飯塚事件においてはそれも虚しい思いを禁じえなかったのも事実である。
なにしろこの冤罪が証明されても、もはや久間さんは帰って来ない、喜びの声を聞くことは出来ないのである。
そして本人がすでに死に、試料も消費してしまってその手立ても失われてしまっているのである。

しかし番組を見て多少なりともその気持ちは変わったように思う。
その一つは家族の存在である。
番組によると捜査中、久間さんの奥さんは警察から離婚を勧められたそうである。
このままではあなたも、お子さんも幼女殺人犯の家族としてつらい目に会う。
だから離婚した方がいい、そうすれば名前も変えられ家族であることは秘される。
まず余計なお世話である。
と同時にそれは捜査当局が単身犯行を否定し続ける久間さんを追い込むために、つまり家族との絆を断ち切り自白に追い込むために仕組んだ罠であったかも知れない。
久間さんにとって家族は無罪を主張するために大きな力であったようである。
手紙の中にもそれはあらわれていた。
もしここで奥さんが離婚に応じれば、久間さんの根気も尽きていたかもしれない。

しかし奥さんは離婚を拒否した
だから、久間さんは(死刑にはなったものの)最後まで犯行を否定し続けることが出来たのかもしれない。

そしてもう一つは弁護団など久間さんを支援する人々の存在である。
久間さんは非常に理知的な人であったようである。
それは残された文章などからも推測される。
弁護団はやはり死刑の執行を恐れた。
再審請求が成されていれば通常死刑執行はない。
そこで久間さんの再審請求を急ごうとしたがそれは久間さん自身が戒めたそうである。
その理由として久間さん自身の手によってまとめられた死刑確定者のリストがあり、それにより自分は死刑執行の優先順位としてかなり下位のほうであることを示したそうである。
こういったところは非常に冷静かつ理路整然とした性格が偲ばれる。
しかしその冷静さが思わぬ早期執行の可能性を見過ごさせてしまったことは逆に残念であるが。

ともかく支援する人々は力を尽くしていた姿が伝わってきた。
そして思わぬ執行に力を落としたことも。

しかしここでも家族の協力により、新たな展開があった。
家族の元に返還された久間さんの所持品が未開封のままで弁護団に渡されたのである。
その中には久間さんの再鑑定に必要なDNAがあるかも知れない。
そしてそれはあった。
テレビでは再審請求前の微妙な弁護団の情勢を配慮してその結果については報道しなかったものの、こういった弁護団の奮闘も見えてよかったと思う。

そして今までの報道では見えなかった久間さんの人となりを知ることが出来たのも大きい。
(たしか)死刑執行一年前の手紙では家族へ感謝の意を伝えていた。
絶望一歩手前を綱渡りしているような境遇においても、家族への心配りを忘れない。
正直涙を抑えることが出来なかった。
こういう人が本当にあのような残虐な犯罪を犯したのか?
それを知ることが出来た意義は大きい。
であれば突然(本人にとっては本当に突然であったと思う)理不尽な冤罪による処刑により幕を閉じた久間さんの人生、その無念はどうやっても晴れないのは事実ではあるが、家族やそのために尽力した人々のためにもこれが冤罪であるならば証明されるべきであろう。
多分町人などのように弱い人間であればそこで打ちひしがれて終わりであろうが、久間さんの家族も支援していた人々も、そしておそらくは久間さん自身もそれを乗り越えて未来と真実へと向き合う力のある人々であり、であったはずであると確信した。

再審請求が認められ、真実が明らかになる日が来ることを強く期待したい。
番組はウェブサイトで動画配信される予定だそうであるので、興味のある方はこちらhttp://www.tv-asahi.co.jp/scoop/をチェックいただきたい。

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • 17:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
私も番組を見て同感しました。
しかしながら、番組では触れていない最も重要な
証拠が、法務大臣をためらわせなかったと言えるのかもしれません。
糾弾するかのように、裁判官の名前を出したのは
かなり問題になるかも・・・・。
  • jam
  • 2009/08/10 12:46 PM
コメントありがとうございます。

ご意見は尤もですがこの裁判の記録からはそのような証拠はなかったと思いますし、公開されていない証拠によって執行したとすれば司法は国民の知る権利を無視していると思います。
あと裁判官の名前を出したのはむしろ当然かと思います。
むしろ今までの冤罪事件でさんざん誤った判断で他人の人生を狂わせてきた司法関係者に何の責任もとらせなかった事自体が問題なのではないでしょうか?
司法関係者は人を裁くことの重さをもっと知るべきなのではないのでしょうか?
  • chonin-minor
  • 2009/08/10 4:28 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
飯塚事件 担当裁判官
足利事件のDNA鑑定のいい加減さには驚きましたが同時期の鑑定で既に死刑にしてしま...足利事件のDNA鑑定のいい加減さには驚きましたが同時期の鑑定で既に死刑にしてしまった飯塚事件もやばくないですか?>足利事件と同じ精度の低いDNA鑑定が有罪の決め手となった事
  • レバレッジ!ニュース読解術
  • 2009/08/10 7:08 PM
久間三千年
そして!!もう1つの足利事件…執行された「飯塚事件」久間三千年死刑囚 - D.D ...(・ω・)ノ8/10・・・↑↑キーワード | ANSWER is my life ザ・スクープ スペシャルを見て感じた飯塚事件と久間さん | 町人の一分
  • 成海璃子 水着 画像 過激画像
  • 2009/08/11 10:55 AM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
amazon
人気ブログランキング
yahoo
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    町人 (07/15)
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    powerpc970 (07/15)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    町人 (06/11)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/02)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/01)
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    山本 真 (06/12)
  • ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?
    ニンニク姉妹 (08/31)
  • 集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾
    四九蔵小僧 (07/05)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    町人 (07/04)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    十三小僧 (07/03)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM