<< 根拠なき麻生の国旗問題攻撃は空振り? | main | 国辱的な捏造ビデオと大して変わらなかったネガティブキャンペーンの反省は? >>

インフルの流行さえ国民のせいにする厚労相のお上目線

厚労相、新型インフル「流行本格化」 対策実践呼びかけ

2009年8月19日12時28分

新型インフルエンザの感染者が全国的に急増している情勢を受け、舛添厚生労働相は19日午前、記者会見し、「本格的な流行が始まったと考えていい」と話した。そのうえで、このまま感染が拡大すれば医療機関で重症者対応ができなくなるとして、「感染の拡大防止には一人ひとりが対策を実践することにつきる」と呼びかけた。同日には名古屋市の80代女性が新型インフルエンザで亡くなり、国内の死者は3人となった。

舛添氏は、流行の本格化は秋以降としていた従来の予想に反し、真夏でも感染が拡大していることについて、「私も予想できなかったことだ」と説明。「夏休み中なのに増えている。9月になって学校が再開されると感染が急激に拡大する危険性があると思う」と述べ、医療機関の負担増大に懸念を表明した。

また、「病原性が低いということで、皆さんも忘れてしまっている」と「国民全体の慢心」が感染拡大の原因にもなっていると指摘した。舛添氏は「新しいウイルスへの警戒を解いてはいけない。感染は自分が止める、という気持ちが大事だ」と話し、手洗いやうがいの励行などを呼びかけた。

新型インフルでは、慢性呼吸器疾患や慢性心疾患などの基礎疾患がある患者や、妊婦、乳幼児が感染すると重症化する危険性が高いとされる。舛添氏はこうした人たちに対して、「早期の受診、治療を心がけて欲しい」と語った。厚労省は今後、重症化した事例の概要を説明した症例集を作成し、各地の医療機関に配布する予定。

国立感染症研究所によると、全国約5千カ所の医療機関からの報告では、最新の1週間(8月3〜9日)に受診した1医療機関あたりの患者数は0.99人で、流行開始の目安の「1人」に限りなく近づいた。地域別では沖縄が20.36と突出しているほか、奈良1.85、大阪1.80などとなっている。この1週間に医療機関を受診した全国の患者数は6万人と推計されている。
(野瀬輝彦)
(asahi.com)
JUGEMテーマ:ニュース
本日は選挙である。
それを考えるとこんな過去の記事について書くよりも他に書くことがありそうなもんだが、町人はしばらく旅行や仕事でなかなかブログを更新している時間もなく、どうにも書かずにいられないことがあり、特にこの新型インフルエンザ問題に関する厚労相の対応、発言には是非とも一言言いたい気持ちが強かったのであえて一言言わせてもらう。

当ブログでは新型インフルエンザの感染拡大を甘く見た政府の対応に批判的な目を向けてきた。
参考:世界で四番目の感染者数の日本で対策緩和の愚挙
早々に水際対策をやめ、検査も緩和し、治療も発熱外来に限らず一般に病院も使い、自宅療養に切り替え、対策を大幅に緩和した。
それは度々政権をも投げ出してきた政府の対応にも通ずる、もう感染拡大しちゃったしどうしょうもないでしょ的な「投げ出し」対策でしかなかった。
で、その結果が結局新型インフルエンザの国内流行、そして続出する死者、重症者である。

このフランス国立公衆衛生監視研究所の調査によると新型インフルエンザによる死亡率は1000人に6人ということである。
これは季節性インフルエンザよりも数倍高い。
また、夏場にも拘らず流行するほど予想を超えて感染力の高い新型インフルエンザの感染力を考えると感染者数は恐ろしい勢いで拡大することが予想される。
ある調査ではアメリカでは二人に一人が感染すると言われていたが、人口密集地が多い日本ではどうなるのか?
仮にアメリカと同様に少なく見積もるとしたら6000万人である。
その0.6%が死亡するとしたら、なんと36万人である。
これはすごい数値である。
ちょっとした都市の人口がまるごと、例えば長野や宮崎、和歌山などの県庁所在地の人口がそっくりなくなるのと同様なのである。

それは阪神大震災などの天災に匹敵する、いやそれ以上の事態なのである。
景気後退どころではない、国家の損失なのだ。
しかも、はっきり言おうそれはほとんど人災なのである。

しかし舛添はそれに対し、「原因は国民の慢心」などと言い切ったのである。
町人はこのニュースを見て思わず「お前ら役人の慢心だろ!」と言ってしまった。

いや、仮に国民の慢心が、油断があったとしてもそういう場合こそ正しい知識を与えて啓発するのがお上の仕事であろう。
それをろくにせずに処置を緩和しておいてよくも言ったりと言う感じである。
いや、はっきり言って町人の予測は最悪の最悪を想定しすぎかもしれないが、国の安全を守るべきお上の立場であったらむしろこのくらい想定しなければそれこそ「慢心」ではないのか?

橋下大阪府知事などの一部の知事も同様である。
経済への影響を考慮してインフル対策を大げさだなどと緩和を働きかけていた。
しかし、ちょっとした県の県庁所在地ほどの人口が消失する事態こそ、経済的にも最も大きな打撃なのではないだろうか?
この責任について、それらの当事者からは何の発言もないし、責めるメディアも見当たらないのは、話題が選挙に集中しているからだけなのだろうか?

そしてそれを国民のせいにする舛添こそ、まさにお上、役人サムライ目線爆発の、武士の一分の権化であろう。

また、舛添のお上目線はそれだけに留まらない。
以下引用:
派遣村:舛添厚労相「4000人分求人、誰も応募しない」 有志が抗議文
◇「事実をねじ曲げた」

年末年始に東京・日比谷公園で開かれた「年越し派遣村」(6月末で解散)の元実行委員会有志が24日、舛添要一厚生労働相が選挙演説で派遣村について「4000人分の求人票を持っていったが誰も応募しない」などと事実をねじ曲げる発言をしたとして、発言の撤回と謝罪を求める抗議文を出した。舛添厚労相は25日の閣議後会見で、「(求人を始めた)初日はなしでその後、139人申し込みがあった」と説明、「言い方が悪いとしたら気を付ける」と話した。

抗議文を出したのは名誉村長を務めた宇都宮健児弁護士ら派遣村の元実行委員会の有志ら約10人。抗議文は、求職登録した村民は100人を超え、旅館の住み込みや清掃などに就職したと説明。さらに「実は募集していない」など求人内容に問題があるものが多かったと指摘した。その上で「生活再建に取り組んでいる人への侮辱。事実をねじ曲げた言動を繰り返していることを黙認できません」と抗議した。

舛添厚労相は18日に横浜市内で行った演説で「4000人分の求人を持っていったが誰も応募しない。自民党が他の無責任な野党と違うのは、大事な税金を働く能力があるのに怠けている連中に払う気はないところだ」などと述べた。

舛添厚労相は「(2カ所のうち)1カ所では初日はゼロと言っている。日本が豊かになった中で機会も能力も生かしていない人を怠け者と言った」と説明した。【東海林智】(毎日jp)


ちなみにあまり報道はされていないが、舛添の主張する「1カ所では初日はゼロ」と言うのも本当のところ、受け入れる側の問題である。
参考リンク

ともかく舛添の発言には終始国民の側からの目線と言うものが欠落している。
そして大きく見ればこれこそが半世紀続いてきた自民党政権の持つサムライ体質、特権階級意識をも象徴しているのである。
また、その意味ではこの舛添の「原因は国民の慢心」発言は、過去の記事にも書いたように、失敗があってもそれを口先三寸で誤魔化して決して認めない、だから国民のせいにするという武士の一分からでた発言でもあろう。

そしてそれゆえに猛威をふるいそうなパンデミック、その被害を少しでも食い止めるためには、遅きに失した感もあるが、まさに政権交代こそがまずは最初の処方箋かもしれない。
それを実現するために、国民の権利とやらを行使しに行く、今日の町人の一分である。

スポンサーサイト

  • 2017.07.24 Monday
  • -
  • 10:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
SHARP KIREION 加湿空気清浄機 高濃度7000プラズマクラスター技術 加湿13畳/空清21畳 ホワイト系 KC-W45-W
SHARP KIREION 加湿空気清浄機 高濃度7000プラズマクラスター技術...
  • インフルエンザ対策
  • 2009/08/30 9:09 PM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
amazon
人気ブログランキング
yahoo
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    町人 (07/15)
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    powerpc970 (07/15)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    町人 (06/11)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/02)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/01)
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    山本 真 (06/12)
  • ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?
    ニンニク姉妹 (08/31)
  • 集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾
    四九蔵小僧 (07/05)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    町人 (07/04)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    十三小僧 (07/03)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM