<< 意外な人たちが考えさせてくれた「試験至上主義」と「ゆとり教育」 | main | iPhoneにしました! >>

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


オバマの「核なき世界」へ反発する軍属サムライ達の奇妙な言い分

オバマ政権の負担に?…平和賞で広がる戸惑い

【ワシントン=黒瀬悦成】オバマ米大統領へのノーベル平和賞の授与が決まった9日、米国では「オバマ政権は全世界の人々の希望を体現している」(カーター元大統領)などと歓迎の声が上がる一方、保守勢力を中心に「何も実績がなく、受賞は不適当だ」と厳しい批判も広がっている。

ホワイトハウスでは同日、ギブス大統領報道官に記者団が「冷戦終結に道を開いたレーガン大統領は受賞していない」「ウィルソン大統領以降の受賞者はカーター元大統領、ゴア元副大統領と民主党員ばかりだ」と選考に関する質問を次々に浴びせ、報道官は「私はノーベル賞委員会の一員ではない」と懸命にかわした。

一方、保守派の論客からは「大統領は受賞を辞退しろ」(グレン・ベック氏)、「ノーベル賞委員会は自らの権威を失墜させた」(ラッシュ・リンボー氏)と強硬な批判が相次いだ。平和賞の受賞に保守勢力が一斉に反発を始めたことで、医療保険制度改革などの内政面で目立っていた民主・共和党間の亀裂が、外交分野でも一層鮮明になるのは確実と見られる。

オバマ政権にとって、アフガニスタンへの米軍増派の是非など、安全保障の根幹にかかわる懸案では、国論を分断させないためにも共和党を含む超党派の合意が欠かせない。今後、核不拡散などで実績を上げられなければ、世論の失望感が一気に高まることも予想され、大統領は受賞がかえって負担となり、苦しい立場に追い込まれかねない恐れがある。
(2009年10月10日21時30分 読売新聞)
JUGEMテーマ:ニュース
個人的に先日は町人の身内と町人の妻の身内に相次ぎ不幸があり、台風過ぎるのを待って飛行機に乗り式に出、昨日やっと帰宅することが出来た。
もちろん不幸と言ってもどちらも90歳を過ぎた方々であり、ある程度心の準備はしていたのだが、やはり天候の点や連休の頭と重なったこともあり、慌しさは否めなかった。

その旅先で耳に入ってきたオバマ大統領のノーベル賞受賞、やはりそれには当初「時期尚早なのでは?」と言う印象を抱いたことは町人にも否定は出来ない。
しかしそれはここにもあるように本来アメリカの敵であったキューバのカストロ前議長が歓迎するほどに、オバマ大統領が世界に拡げようとするチェンジが世界の前向きな反応を呼んでいるとの認識から好感の持てるものと映るようになった。

しかしその後、次々と沸き起こってくる異論、批判、そして果てには受賞辞退しろと言う強論には、むしろ受賞時期が云々以上に、違和感を覚えている。
今オバマ政権を巡る状況はどうなっているのか?という懸念すら持たざるを得ないほどである。

確かにオバマ大統領に実績がないという批判はわかる。
しかし、世界で最初に核を使用し、今なお最大の核保有国の一つであるアメリカ、その大統領が核なき世界を宣言すると言うことは歴史的に大きな意味がある。
少なくとも表面では核削減に対するおおっぴらな後退発言は控えながらも、小型核兵器など「使える核」の開発を目指したブッシュ政権を支えたアメリカの共和党周辺や保守派などに言われる筋合いはないと思うのだが。
特に「強いアメリカ」を前面に押し出し、しばしば対ソ強硬論に走り、宇宙の軍事利用にも先鞭をつけ、米ソの緊張関係の火に油を注ぎまくった、あのレーガン元大統領に対して、「冷戦終結に道を開いたレーガン大統領」などと言う認識を持つ記事の中に記者の発言などは違和感以上に、頭大丈夫?と言った心配すらしたくなる。
世界的な認識では冷戦終結の立役者は宥和政策に転じたゴルバチョフであろうし、この記者のような認識はおそらくアメリカ国内の一部の保守派にしか通用しない、例えば日本のウヨクにしか通用しない大東亜戦争は植民地解放戦争みたいな変な認識に近いのではないか?

ともかく最近、国内外においてマスコミの発する「世論」は少しおかしくなってきている。
それは日米の政権交代に象徴される変革への流れに対する不安が表出している一時的なものなのか?
それともその変革に対して不利益を講じる一部の勢力からの反発なのか?それは断言できない。

しかし、町人は某新聞の社説に、結構的を得た(逆の意味で)主張を見出した、と感じた。
以下引用である。

【産経抄】10月11日
2009.10.11 03:03

世の中は面妖なことだらけである。小学生のころから賞と名の付くものに縁がなく、賞といえば競馬の天皇賞が真っ先に思い浮かぶ身にとっては、功のあった人間に金品などを与えてほめるのが賞だと思っていた。

▼オバマ米大統領へのノーベル平和賞授与は、ご本人も「私が成し遂げたことに対してではない」と語るように、未来への希望を託した賞の前借りだ。この伝でいけば、25%の温室効果ガス削減を宣言した鳩山由紀夫首相にノーベル環境賞が授与される日も近い(そんなものがあればだが)。

▼ノーベル賞委員会は「核兵器のない世界」を訴えたオバマ氏を高く評価したが、35年前にも核兵器反対の姿勢が評価されて受賞した政治家がいた。佐藤栄作元首相である。大統領の大先輩というわけだ。

▼非核三原則が決め手になったが、中国の核実験成功(昭和39年)に危機感を抱いた佐藤氏は日本の核武装についてひそかに研究させている。その結果、米国に「核の傘」を確約させる一方、日本が核拡散防止に一役買うことが国益にかなうと判断したようだ。

▼当時の新聞をひっくり返してみると、いずれも1面トップで扱ってはいるが、称賛の嵐というわけではなかった。小紙は「佐藤さん最良の日」と好意的だったが、朝日新聞は社会面で「エッあの人が」。社説でも「どうもしっくりこない」とちっとも喜んでいない。オバマ礼賛とは大違いである。

▼その佐藤さんは沖縄返還を成功させたが、非核三原則とは裏腹の「核密約」という細い綱を渡ったとの証言は数多い。民主党は密約暴露に熱心だが、他策はあっただろうか。「日本は米国に依存しすぎていた」との鳩山首相の言動は、先人の苦労への思いやりがあまりに欠けている


これを解説すると、佐藤元首相、非核三原則、核密約と言う三つのキーワードオバマ大統領、核なき世界、アフガン増派の言葉に置き換えることにより、奇しくもまるで今オバマ大統領のノーベル平和賞に反発する米国内の一部の勢力の意図が見透かされるように思える。
つまりオバマ大統領のノーベル賞受賞に対して反発する側の正体と言うのがなんとなく想像できるのである。
おそらくオバマ政権の方向性は、テロとの戦いに端を発して世界に拡がっていった不和、それに伴い東西に広がる微妙な温度差から始まった新たな冷戦構造への不安から脱却することにより、アメリカ自体が核も含めた軍縮へと歩をすすめ、今までの軍事中心のリーダーシップからシフトすることにより、消極的だった環境問題への対応も含めて新たな形のリーダーシップをはかることにより世界の方向性自体をも調和と共存へと向かわせようとしていることに特徴付けられると思うのである。
しかしこの軍事中心のリーダーシップからの脱却により不利益を被る勢力が存在し、一見政権交代により世論の第一線から一歩退いたにも拘らず、いまだに表舞台に出ようと虎視眈々と機会を窺うそれらの勢力がある意思を持ってこういった批判的な世論の中心にいるということがわかる。
これと同様な価値観を持つ勢力と関連し、また代弁者となっているマスコミというのは当然日本を含め世界中におり、この産経の社説はまさにその代表的な論調を示唆しているに過ぎないのである、すなわち、佐藤元首相が非核三原則を表明してノーベル平和賞を受賞したにも拘らず、現実的選択肢として核密約によって核の傘を残して置いたように、彼らはオバマ大統領に言っているのである、核なき世界もイラク撤退も譲ってやる、しかし現実的選択肢としてアフガンは撤退せず増派を受け入れろ、テロとの戦いは自分たちの利権として温存しろ、と言っているのである。

それらは具体的に言えば軍事専任の集団、そしてそれらと同一の利権を預かる企業、団体、報道機関から発せられている、まさしく世界のサムライ達による武士の一分ともいえる主張なのである。

であるので、ほとんど全ての世界中の人々にとって有益であるオバマ大統領の発言も彼らにしてみれば今まで自分たちが散々吸ってきたうまい汁をしょぼい成果に変えてしまう呪いの言葉であり、憎むべき対象でしかないのである。

ちなみに日本ではテロとの戦いという言葉に代わり、そういう人々の利権を守るためにしばしば拉致問題が利用されてきたが、やはり今は政権交代を実現したわが国において、(特に今世紀に入ってから)民族団結の象徴的な扱いであった拉致問題がすでにかすみつつあるように、ひところ強い影響力と圧倒的多数派であったように思われたネトウヨと呼ばれる人たちの存在感がネットの中で急速に薄れてきている。
これはネトウヨと呼ばれる人たちがこの10年前後ネット内でマジョリティーを占めていたという印象が、じつは彼ら自身による多数派工作による情報操作であったことを示唆しているように思う。

と、同時に、この如何にも全米に広がっているかのような、もしくは少なくともそのように報道されているオバマ大統領のノーベル平和賞受賞に対する「違和感」も、じつはごく少数のサムライ利権にかかわる人々によって演出されている可能性が高いということを、良識ある人々は知っておくべきだと思うのである。
まあ問題はその少数の人々が今まで与えられた財力や権限により、いまだに大きな発言力を持っているということなのだが。

オバマの変革はまだ始まったばかりであり、その成果はまだ乏しい、それは事実である。
しかし世界で最も多くの核を握るアメリカ大統領が核廃絶を目指したという事実、それによって世界の人々に与えた影響、希望はノーベル平和賞をもってしても足りないくらいであることも事実であり、それは環境問題同様に人類全体が正面から未来を見据えるためにも必要不可欠なことであり、オバマはそのために大きな種をまいたのである。

その種を受け取り、世界に蒔き、実を結ぶためにも冷静に今の現状を見据え、核廃絶からさらに今国内でなかなかオバマ政権が踏み出せずにいる(証拠はないがそう感じる)アフガン撤退につなげるためにも、惑わされずに素直に祝福したい、そう感じるひさびさの町人の一分である。

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • 17:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
オバマの「核なき世界」発言は、
確かに大きな一歩なのかもしれません。
しかし、ブッシュもオバマも根元は同じ。
ウォール街から支援を受けています。
オバマも
この世界を牛耳っている石油メジャーの
手先でしかないと思います。
証拠にアフガンに増兵を決めましたし、
9・11の再調査もしようとしません。
オバマはすぐにお払い箱になるシナリオが
あり、それをオバマも承知している。
「オバマノーベル賞受賞」を批判する人間
も、オバマ自身も根幹は同じ仲間であると
私は思います。
結局石油メジャーによる世界支配は終わらない。今回のノーベル賞騒ぎも
私には虚しいだけです・・・。
  • t
  • 2009/10/11 11:10 PM
コメントありがとうございます。

オバマと石油メジャーの関係については町人は多くを知りません。
しかしアメリカの経済の土台を考えればやはり浅い関係ではないのは道理なのかもしれませんね。

本当の根深い部分の変革と言うのは時間がかかるものでしょう。
しかし実現できるかはまだわかりませんが我々は核のある未来から、核のない未来へとシフトできることを知った。
もちろん今までにもそのことを唱えた人はいましたが、言ってもまわりから「妄想」として片付けられ、「夢想家」の烙印を押されるのが関の山でした。
しかし少なくともアメリカ大統領がそれを提唱することによってもう同じことを言っても誰も「妄想」、「夢想家」では済まなくなった。
それがオバマ発言の前と後で「少しだけ変わった」世界です。

本当に実現できるかはわからないし、オバマの真意もわからない、としてもそれは喜ぶべきことには違いないと思います。
  • chonin-minor
  • 2009/10/12 8:14 PM
 ◇広島 長崎の両市長が‘20年のオリンピックの開催の検討に入った。
 「平和とスポーツの祭典を通して被爆都市からの、メッセージを発したい」との意気や意義は良しだと思う。

◇私の仕事場の特養のおばあちゃんに
 右手が拳状のまま、固まっている方がいる。
幼い頃、広島に投下された原爆による炎で火傷を負い
‥‥戦時中〜後においてまともな手当ても受けられず
 彼女は
右手が固まった拳状で、人生を生きて来た訳でさ、
、、しかも
結婚して子どもも生み育てて、
 彼女のような
普通の生活を送っていた普通の市民を
 普通の人々の生活を理不尽な無差別な巨大な力で
 蹂躙してゆく
“核”を
否定し無くしてゆこう〜と、提案し進めてゆけうとするオバマ大統領!
 僕は立派だし全面的に肯定するし
 その辺りを
ノーベル賞選定委員会の方々も評価したのだろう。

 ◇オバマ米大統領さんのノーベ平和賞と
被爆都市広島 長崎両市長の動き〜
 ‘09年が
世界の核廃絶〜及び暴力無き世界への第一歩になると良いな
\(^ー^)/

 そうぢゃないと
 拳状で固まっままのおばあちゃんや
核で亡くなった方々
(ネバダ砂漠の核実験で亡くなった人々や、フランスの核実験で被爆された第5福竜丸、ビキニ諸島の現地の人たちも含め)の魂や傷は癒やされないし
 許さないだろうと思う。
  • じょに
  • 2009/10/14 1:55 PM
じょにさん。
お久しぶりのコメントありがとうございます。

全く同感です。

核廃棄〜暴力なき世界へ、これが重要ですね。
核で亡くなった方々は気の毒です。
しかしであれば核以外の武器による暴力で亡くなった方々も気の毒でないわけがない。
日本は被害者として自覚するのと同様に前の戦争では加害者であった事実も決して忘れてはならない。

それが本当に過ちを繰り返さないために必要なことなのです。
同じく戦争の暴力でなくなった方々を否定することは広島や長崎でなくなった方々をも否定することになることを忘れてはならない。

昨今これを忘れがちな方々がけっこういらっしゃいますね。
  • chonin-minor
  • 2009/10/14 10:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
amazon
人気ブログランキング
yahoo
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    町人 (07/15)
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    powerpc970 (07/15)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    町人 (06/11)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/02)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/01)
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    山本 真 (06/12)
  • ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?
    ニンニク姉妹 (08/31)
  • 集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾
    四九蔵小僧 (07/05)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    町人 (07/04)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    十三小僧 (07/03)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM