<< サムライ官僚にも見限られた安倍忖度政権 | main | 日本版NSCとは首相のお友達の犯罪を揉み消すための機関なのか? >>

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ゴルフ友達のレイプもみ消しも忖度させる安倍政権

レイプ被害届出した女性が異例の素顔、実名公表会見
[2017年5月30日2時45分]

 元TBSワシントン支局長で安倍政権について書いた「総理」などの著書があるフリージャーナリスト山口敬之氏(51)に酒を飲まされレイプされたとして警察に準強姦(ごうかん)容疑で被害届を出していた詩織さん(28)が29日、東京地検の不起訴処分を不服として検察審査会に審査を申し立てた。
都内で会見し、明かした。
法律や捜査システムの改善につなげたいとの強い思いから、同様の事件では異例の素顔、実名公表での会見となった。

 詩織さんは、山口氏の逮捕状が逮捕直前で取り下げられたと主張し「私の知り得ない力があったのだと思う」と述べた。

 “事件”があったのは15年4月。
13年秋に大学の留学先である米ニューヨークで知り合った。その後、ジャーナリストを志していた詩織さんが就職相談のため連絡を取り合っていた中で、山口氏から酒席に誘われた。
東京・恵比寿の串焼き店、すし店の2軒で酒量はビール・コップ2杯、ワイン・グラス1杯、日本酒2合を山口氏と分け合ったという。

 2軒目に入り約1時間後、突然めまいがしてトイレに立ち、記憶が途絶えた。
目が覚めたのは翌午前5時ごろ。
ホテルのベッドで裸にされており、上には山口氏がまたがっている状態だったという。
薬を入れられたと主張する詩織さんは「お酒で記憶がなくなったことはない。
強いと周りから言われる」と話した。

 その後に調査した結果、2人を乗せたタクシー運転手によると、詩織さんは何度も「近くの駅で降ろして」と主張したが、山口氏が聞き入れず、ホテルに向かうよう指示したという。
ホテルに到着後は、山口氏が詩織さんを抱えて降車したという。
この日、同席した弁護士によると、ホテルの防犯カメラにも詩織さんを肩で抱える山口氏の姿が映っていた。
映像では詩織さんは、自分で立つことができていなかったという。

 詩織さんは捜査過程について疑問を呈した。
被害届を受理した高輪署に所属する担当警察官が同6月8日、逮捕状を取って成田空港で帰国する山口氏を待っていたが「警視庁幹部の指示で逮捕を取りやめた」と説明を受けたと主張した。

 その後、捜査が警視庁に移ったが、山口氏の弁護人から申し入れがあったこともあり捜査員から示談を勧められたという。
詩織さんは「警視庁の方と、警視庁の車で、警視庁の方が紹介する弁護士のところでも示談を勧められた」と語った。
東京地検は昨年7月に嫌疑不十分で不起訴とした。

 会見では一時、声を詰まらせる場面もあったが、大部分はカメラを直視し「ジャーナリストとして事件を追いかけた。
沈黙し、法律や捜査システムを変えなければ、私たちは皆、この犯罪を許しているのと同じでは」と訴えた。

 一方、山口氏はこの問題について「法に触れることは一切していない」とコメントしている。

ソース

この報道が事実だとすればの話だが、タクシー運転手の証言も取り、ホテルのカメラの映像も確認した上で逮捕状まで取ったのであればかなりの証拠が揃っていたと見ておかしくない。
それが突如中止になり、不起訴になったと言うのは不思議な話であり、被害者が不満を持っても当たり前だ。
しかも山口氏が総理に最も近いと言われるジャーナリストで、ゴルフにも同行した経験があるゴルフ仲間であると言う点も、加計学園と同様に「忖度」があったと疑っても不思議ではないだろう。

この事実にもかかわらずネット上には「ハニートラップ」だの「売名」だのの騒ぐ安倍政権のネットサポーターが凄い勢いである。
しかも被害者に断りなくその多くが「フルネームの実名」で憶測を垂れ流している。
彼らのほとんどが、「詩織さん」が家族の要請で顔と下の名前を公開する際に「姓」を伏せたという事情を考慮していない。
「犯罪被害者」の個人情報を本人の許可なく垂れ流すのは「セカンドレイプ」だという当たり前の人権意識がない。
また、前回エントリーの前川元文科次官に対する出会いカフェ出入りに対しては酷い誹謗中傷をする自民のネットサポーターが、今回の件に対しては山口氏の擁護に回っている。
前川氏の出会いカフェについては別に違法でも犯罪でもない。
もちろんそこで肉体関係があったとしたら既婚者として不倫とは言えるが、せいぜいそこまでの話だ。
しかし山口氏は準強姦だとすれば犯罪行為であるし、詩織氏と肉体関係を結んだのは認めているので、少なくとも既婚者として不倫行為をしたのは純然たる事実である。
自民のネトサポお得意のダブルスタンダードがまかり通っておるのである。
むしろ事件そのものよりも安倍政権にすっかり毒されたネットの正論に愕然とした町人の一分だ。

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • 13:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
amazon
人気ブログランキング
yahoo
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    町人 (07/15)
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    powerpc970 (07/15)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    町人 (06/11)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/02)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/01)
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    山本 真 (06/12)
  • ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?
    ニンニク姉妹 (08/31)
  • 集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾
    四九蔵小僧 (07/05)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    町人 (07/04)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    十三小僧 (07/03)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM