<< ゴルフ友達のレイプもみ消しも忖度させる安倍政権 | main | 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム >>

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日本版NSCとは首相のお友達の犯罪を揉み消すための機関なのか?

「昏睡レイプ事件」の山口敬之、週刊新潮からの質問状を北村滋内閣情報官に相談か→週刊新潮にメール誤転送で発覚
確定ならもはやジャーナリストと呼べないレベルのズブズブ具合です。詳細は以下から。
28歳女性への「昏睡レイプ事件」で準強姦逮捕状が出されていながらも、逮捕直前に官邸と繋がりの深い中村格警視庁刑事部長(当時)の独断によって握り潰されたとする週刊新潮の官邸御用ジャーナリストとして有名な山口敬之へのスクープは大きな波紋を巻き起こしました。
その言い訳のFacebook投稿に安倍昭恵夫人が「いいね!」を付けていたことなどが5月25日付けの週刊新潮が続報として伝えていますが、記事内のひとつのエピソードが山口敬之と官邸のズブズブ具合を如実に示していると物議を醸しています。
それが週刊新潮に「返信」された山口敬之からのメール。
新潮社はこのメールが届く前に取材依頼書をメールで送付しており、これに返信したものであるとのこと。
内容は
北村さま、

週刊新潮より質問状が来ました。
■■の件です。取り急ぎ転送します。

山口敬之

というもので、■■の部分には被害女性の名字が入ります。
文面からも分かるように、これは山口敬之から「北村さま」への転送メールを送ろうとしながらも週刊新潮に「返信」してしまったという誤爆案件です。

まずこの文面から分かるのは、当然ながら「北村さま」は山口敬之が「昏睡レイプ事件」に関して知恵を借り、判断を仰ぐ相手であるということ。

次に分かるのは「■■の件です。
取り急ぎ転送します」という部分から、既に山口敬之と「北村さま」が本件について逐次の情報共有を行っているということ。
さらに情報の付け足しがないことから、「北村さま」が週刊新潮のスクープ以上に内情に通じているということです。

さらにこのメールをビジネスメールとして考えれば、部署や役職も付けず、フルネームすら用いず、「様」という漢字も使わず「北村さま」と呼びかけていること、「山口敬之です」といった書き出しや「よろしくお願い致します」といった結びの言葉もない、極めてフランクなメール文面であることが分かります。

これは一般的には社内メールの書き方であり、他社や場合によっては上長に対してこうした文面でビジネスメールを送ることは失礼に当たります。

つまり、この文面を送りつけた相手の「北村さま」と山口敬之は非常に近しい間柄であることが見て取れます。

ここで名前が上がってくるのが北村滋内閣情報官。
内閣情報調査室のトップを5年も務め、2017年の首相動静に54回も登場する、名実ともに安倍首相の懐刀。
特定秘密保護法や蓮舫問題、都知事選での鳥越俊太郎候補の醜聞問題などにも深く関わっているとされる人物です。

蓮舫問題も仕掛けた? 安倍が重用する“官邸のアイヒマン”北村滋内閣情報官は特高警察を称賛する危険思想の持ち主
 
スクープレポート 特定秘密保護法案「官邸のアイヒマン(北村滋内閣情報官)」と呼ばれる男
本当の黒幕は公安の「妖怪」(週刊現代) _ 現代ビジネス _ 講談社

ジャーナリストの名の下に安倍政権を擁護するコメントを出し続けてきた山口敬之が、実際に安倍首相の側近である内閣情報官と「ズブズブの関係」であれば、もはやこの人物をジャーナリストと呼ぶことはできません。

当然ながら山口敬之も北村滋内閣情報官も週刊新潮の追求にはしらを切っていますが、それで済むような問題ではありません。

実際に官邸と繋がりの深い警視庁刑事部長による不可解な逮捕の直前での山口敬之の握り潰しが行われており、ここで北村滋内閣情報官と山口敬之の繋がりが認められれば、首相官邸が子飼いの「ジャーナリスト」の準強姦という重大犯罪の捜査を妨害したということになります。

権力者に近い人物であれば数億円単位の便宜を図られるだけでなく、刑事犯であってももみ消せるというのであれば、もはやその国は法治国家と呼べる存在ではなくなってしまいます。

単なる凡ミスをあげつらうだけでなく、徹底した内容の究明が必要です。
ソースリンク



安倍内閣の情報操作の実態が明らかになってきた。
今まで安倍の政権に不利な状況が露見すると同時に怪情報が流れていた。
それをフォローするかのように政敵に対して不利な怪情報が駆け巡る事がしばしばあった。
至近な例でいうと、森友学園問題において全く無関係な辻元清美関連のデマ、加計学園問題における前川本文科次官の出会い系カフェ問題、いずれも事実だったとしても本筋とは関係が無いのだがリーク情報が目をくらませるようにネットサポーターを介して駆け巡った。
その中で噂に尾ひれがつき本筋があやふやになるのだが、結果的に安倍政権へのダメージコントロールになっていた。
この情報操作撃のコンダクターが北村を中心としたメンバーであり、そのコンダクトに沿ってメディアで怪情報を流してきたのが山口、そしてそれに尾ひれをつけて自民党や安倍内閣のネットサポーターが拡散していた構図では無いだろうか。
もちろん山口氏本人はこの「北村」が北村滋内閣情報官であるという事は否定している。
しかし、「新潮」の件と言うなら時系列的に今回の準強姦揉み消し疑惑であると見て間違いない。
そんな事は事実であるにせよないにせよ、一般人の「北村」さんに相談しても仕方のない事であるし、むしろ仕事関係の相手ならあまり吹聴したくない事であるだろう。
なにしろ山口氏は既婚者で子供もいるので、準強姦が事実でなくても不倫行為は間違いないので、普通の神経をしていれば相談することによって知られたくないはずである。
北村滋内閣情報官であると考えた方が自然であろう。
この関係性を見れば北村氏と山口氏が普段から密接に連絡を取り合い、今まで安倍内閣に対するネガティヴなスキャンダルを、デマを流すことによって隠蔽してきた事が明白だ。

そもそも北村氏が立ち上げに関わった日本版NSCの存在自体がこうなってくると疑わしい。
国防の為の情報収取の為に必要性を説いていたが、実際にこれでは安倍内閣に不利な情報を隠蔽し、その為に情報操作してきた実績しか見えない。
安倍の為の安倍による安倍個人の情報機関でしかない。
このやうな機関の為に血税を投じ、一人の女性の権利を踏みにじる、考えられない事だ。
彼等の長としての責任を断固として問いたい町人の一分である。

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • 01:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
amazon
人気ブログランキング
yahoo
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    町人 (07/15)
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    powerpc970 (07/15)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    町人 (06/11)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/02)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/01)
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    山本 真 (06/12)
  • ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?
    ニンニク姉妹 (08/31)
  • 集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾
    四九蔵小僧 (07/05)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    町人 (07/04)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    十三小僧 (07/03)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM