<< 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム | main | 陛下のご意向と言う大義名分すら捻じ曲げる無能サムライ政治家達 >>

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


レイプ揉み消し忖度疑惑ー詩織さんのシャツのボタンが真実より重要な人達

詩織さん実名で会見臨んだ最大理由/インタビュー2 [2017年5月31日9時53分 紙面から]

 著書「総理」で安倍政権について書いた元TBSワシントン支局長山口敬之氏(51)から、準強姦(ごうかん)被害を受けたが不起訴とされたのは不当として、検察審査会に審査を申し立てたジャーナリスト詩織さん(28)が30日、日刊スポーツの取材に応じた。
 レイプ被害者は黙っていなければならないのか−。顔を出し、実名で会見に臨んだ最大の理由。
「オープンにこの話をしていかないと、捜査も病院も周囲のサポート体制も、社会が変わらない」。
 ネット上では29日の会見の服装について「ボタンを開けすぎ」と批判されたが、想定済みだった。

 「本当に言いたいのは、スカートをはいていようが、何を着ようが、責められる対象にはなってはいけない。リクルートスーツを着てと言われたけど、なんで白いシャツを着て弱々しく被害者らしく映らないといけないんでしょう。普段着で批判されるって、おかしい。そこを変えたかった」
 レイプ被害における被害者、捜査のあり方を根本から変えるべきと主張する。
強姦、準強姦罪などの性犯罪の改正案では親告罪から、被害者の告訴なしに起訴できる非親告罪となる方向だが「本当に変わるべきは一般的な考え方。こういう事件に遭ったら恥ずかしい、黙っていた方がいい、君が傷つくだけ、と言われる。でもその前から十分傷ついている。なのに周りから『傷つく』と断定されると苦しい」と吐露した。
 ホテルの防犯カメラ映像やタクシー運転手の証言などによると、自立歩行できず無意識で「帰りたい」と言っている。翌朝は逃げるようにホテルを出ているのに性行為について「『NO』と取られない。ハードルが高い。認識を変えていかないと」と訴えた。

 一部では山口氏が安倍首相に近いことが捜査に影響したと報道されたが「レイプの話は関係ない。分からないパワーはあったかもしれないけど、論点はそこではない」と話す。

 「安倍首相周辺から警視庁への捜査妨害があったと思うか」と問われると「(捜査員から)直接的には聞いていない」と語った。
しかし、捜査段階ごとにさまざまな「障壁」があったのは確かだった。
 「最初は警察で『よくある話』と始まった。事件性の確認後も『今の法律では難しい』となり、次に『(相手が)TBSだから難しい』と言われた。『相手が政権側の方ととても近しい』という話もされた。ただ、山口氏がTBSを辞めたという話が入った途端(逮捕へ)いけるかもとなった。何なんだろうと思った」
 現在の政治情勢から「注目がそちらに行くとは思う」としながらも「政権と戦うというより、性犯罪被害について変えたい」という覚悟が前面に出ていた。
https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/1832407_m.html?mode=all


この記事はパート1もあるのだが、そちらの方はリンク先の方で確認していただきたい。
あえてこのパート2を取り上げたのは非常に興味深い内容だったからだ。
ともあれ詩織さんは非常に理知的で芯の強い女性であると感じた。
じつは町人も会見の様子においてネット上で「胸元を開けすぎ」だの「あれでは誘っている」などと心ないバッシングを目にした。
しかしそれは精神的に余裕がない故にそんな印象まで考慮はしてはいなかったのだな、と納得していた。
しかしこのインタビューを読むとその町人の考えは誤りだった事を知った。
彼女はそんな批判は想定の上だったのだ。
こういった事件の際、心ない被害者バッシングの定番なのだ。
「あんな派手な格好で歩いたら襲ってくれというようなもんだ」
「あんな時間帯にあんな場所を歩いたら襲われて当たり前」
「二人きりで食事に行って何もないと思う方がおかしい」etc.etc.・・・
彼女はそういう被害者バッシングに対しても一石を投じたかったのだ。
どんな犯罪においても加害者に責任があるのは当然の事だ。
仮に被害者が隙を見せたにとしても加害者が罪が免れるわけがない。
隙を見せたらレイプされてもしょうがないという考え方は最早法治国家のものではない。
ましてや被害者が遠慮して、被害者らしい格好をするなどと言うのは筋違いである。
被害を受けた方がリクルートスーツに身を包んでボタンを上までかけて暑苦しい格好をするなどと言うのは全く異常な話だ。
この背景には何があるのだろう?

それは自民党が好きな「伝統的」家族制度を背景に見る事が出来ると言える。
それは日本に残るサムライ文化の影響である。
日本において古来女性は神であり、豊穣の象徴であった。
古代から女性天皇も数多く存在し、また平安時代あたりの貴族社会では「家」の中心は女性であった。
男性は女性の家に「種」を残しても「通い婚」と言って同居せずに女性が家族の中心である事もしばしばあった。
それが変容していったのは中央集権社会が崩壊した後の武家社会の頃だと町人は推測している。
特に戦国時代の頃には完全に「家」は男性中心になった。
乱世においては武家同士の同盟において、婚姻関係は重要な要素である。
婚姻により姻戚関係を増やし、同盟相手を増やして勢力拡大をしていくと言うのは立派な政治だった。
女性はそのための道具として結婚させられたわけである。
「女」に「家」で「嫁」である。
女性は家の為の道具となったわけである。
そして江戸時代、武家社会の家族制度が明治になって武士達が政府の支配層になっていくに連れて取り入れられ、「家父長制」となって国家的なスタンダードとなったのである。
それは天皇を父に比して天皇を中心とした国家制度を国民に浸透させるために、社会の最小構成要素に取り込んだ天皇制の縮図である。
結果女性は家庭の所有物となり、自分の容姿に対してさえも自己決定権を失い、自らの美を主張する事は「ふしだら」であり、男性に対して「挑発的」とされてきたのだ。

そんな意識がこの21世紀のおいても未だに浸透しており、ネット上で詩織さんの服装に対する心ない非難に発展している、と町人は見ている。
非常にナンセンスな話だ。
サッカーチームなどに「サムライジャパン」などと名付けてカッコいいと思っている幼稚なセンスがまかり通るゆえに、こんな人権侵害的な発想のセカンドレイプに誰も違和感を感じないのだろうか?
大仰に、国を守る、外患と戦うなどと口先だけで勇ましいネトウヨが幅を利かせている昨今だが、こんな女性の粗探しをして根も葉もない事で罵ったりするのがサムライなのか?
ネットの国士様の戦うべき相手が本来なら守るべきレイプの被害者とは情けない限りだ。
それに比べて詩織さんの主張は堂々としていて逆に性犯罪被害にあった多くの女性達の力になり得る。
と、思う今日の町人の一分だ。

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • 18:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
amazon
人気ブログランキング
yahoo
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    町人 (07/15)
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    powerpc970 (07/15)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    町人 (06/11)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/02)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/01)
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    山本 真 (06/12)
  • ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?
    ニンニク姉妹 (08/31)
  • 集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾
    四九蔵小僧 (07/05)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    町人 (07/04)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    十三小僧 (07/03)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM