<< 天に唾を吐く公明党の共産党非難ツイート | main | 国会をヤジで邪魔した安倍が大嘘をつく >>

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


稲田防衛相は自衛隊を人民解放軍にしたいのか?

都議選応援「防衛省、自衛隊として」 稲田氏、後に釈明

 稲田朋美防衛相は27日、東京都板橋区で行った都議選の自民党公認候補の応援演説で、「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」という趣旨の発言をした。防衛相が自身の地位に言及して所属政党の公認候補への支持を呼びかけるのは異例で、自衛隊の政治利用と受け取られる可能性もある。
 稲田氏は発言後、記者団に「(陸上自衛隊)練馬駐屯地も近いし、防衛省・自衛隊の活動にあたっては地元に理解、支援をいただいていることに感謝しているということを言った」と釈明。演説会場から1キロ余りの距離にある練馬駐屯地(練馬区)の関係者が、選挙区内に住んでいることを念頭に置いた発言とみられる。
 自衛隊法61条は、選挙権の行使以外の自衛隊員の政治的行為を制限しており、特定の政党などを支持する目的で職権を行使できない。稲田氏の発言は、防衛省・自衛隊が組織ぐるみで特定政党の候補を応援しているという印象を与えるうえ、大臣が隊員に対し、自衛隊法に抵触する政治的行為を呼びかけたと受け取られかねない。
 軍事ジャーナリストの前田哲男氏は「自衛隊法61条は隊員を対象にしているが、大臣も自衛隊の責任者として順守の義務は当然ある」と指摘。「『防衛省、自衛隊、防衛大臣として』と言葉に出して応援したのは法律違反はもとより、常識としてあり得ない。政治家の放言や暴言が続いているが、レベルが違う問題発言だ」と語る。
 稲田氏の言動はたびたび物議を醸し、国会などで問題視されてきた。「長期的には日本独自の核保有を国家戦略として検討すべきではないか」といった過去の発言を野党が追及。国連平和維持活動(PKO)で南スーダンに派遣した自衛隊部隊の日報の記載をめぐっても答弁が迷走した。5月発売の月刊誌には「『東京裁判史観の克服』のためにも固定概念にとらわれず」などと寄稿し、批判された。
 都議選期間中の今回の発言は、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題をめぐる与野党の攻防が続く中、安倍政権にとって新たな火種になる可能性もある。民進党の山井和則国会対策委員長は朝日新聞の取材に「稲田防衛相は辞任すべきだ。自衛隊を選挙利用することがあってはならない。稲田氏をかばい続けた安倍首相の任命責任も当然問われる」と批判した。
 一方、自衛隊員の政治的行為の制限をめぐっては、自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長が5月、首相が憲法9条に自衛隊の存在を明記する意向を示したことについて「ありがたい」と発言し、野党などから批判されている。

http://www.asahi.com/articles/ASK6W6K8FK6WUTFK017.html

まあなんともあり得ない話である。
稲田防衛相の発言は、自衛隊や防衛省が自民党と一体であるかのような発言だ。
「自衛隊に感謝するなら、自民党に投票しろ」と言っているのと変わらない。
まず一つには自衛隊員や防衛省の職員の政治的思想、信条の自由を侵害している。
例え職務上は政治参加に制限のある公務員でも投票の自由はあり、もちろんどの政党の候補に投票するかは自由である。
もちろん自衛隊員でも例外ではなく、自衛隊員や家族の中には危険な戦地への自衛隊派遣への道筋を開く自民党や安倍内閣に不安を抱いている人もいるはずだ。
もちろんそれが決まったら危険を覚悟で職務を遂行するか、それとも自分の身の安全や家族の事を考えて自衛隊を去るのは自由だが、政治に参加して政治的な決定への意思表示をするのは国民の権利である。
その決定権を否定するのか?
そして第二に自衛隊は特定の政党や政治勢力の私兵ではない。
一体化するかのような言動は特定の政党や政治勢力の利益と一体化する恐れがあり、それは独裁政治への第一歩である。 もちろん世界には特定の団体の私兵と言ってもいい軍隊もある。
それは中国共産党の軍、人民解放軍だ。 党と軍の利害を一致させたいという願望が稲田防衛相にあるとすれば、その目指すところは人民解放軍のような党の軍である。
もっと言えばナチスの武装親衛隊だ。
国民の管理下にない軍はまさにサムライである。
そんな願望なのか勘違いなのか知らないが独裁政治を意識した防衛相の存在は危険としか言いようがない。
ぜひ任命責任者である安倍総理も含めて責任を取ってほしい町人の一分である。

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • 17:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
amazon
人気ブログランキング
yahoo
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    町人 (07/15)
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    powerpc970 (07/15)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    町人 (06/11)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/02)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/01)
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    山本 真 (06/12)
  • ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?
    ニンニク姉妹 (08/31)
  • 集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾
    四九蔵小僧 (07/05)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    町人 (07/04)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    十三小僧 (07/03)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM