<< 韓国軍のアフガン撤退とテロ特措法延長問題 | main | イギリス十字軍のイラク撤退開始と何が何でも撤退しないサムライ日本 >>

「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?

北野武監督の映画「監督・万歳!」がベネチア国際映画祭で高い評価を受け、作品名にちなんだ賞が新設された等と連日メディアを賑わせている。
北野監督は海外での評価が高く、その人気は海外で火がついてそれが日本に逆輸入されて国内での評価も高まったため「世界のキタノ」などと呼ばれている。
しかも最早黒澤明監督と並ぶほどの巨匠とまで呼ぶメディアもあり評価の高さはすごいようだが、本当にキタノは世界でそれほどの知名度があるのだろうか?
まあ、北野監督自身以前にアメリカでの評価が低いことに不満を示し、アメリカ人なんかにはおれの芸術はわからないといった主旨のことを言ってたようなのでアメリカではあまり知られてないのかも知れない。
ではヨーロッパではかなり知られているのか?
世界で有名な日本人というと我々の感覚では中田やイチロー、松井等スポーツ選手が挙げられるが野球というのは意外と世界ではあまり知られていなくて、アメリカ国内でもプロスポーツはいろいろあるので誰でも知ってるというわけではなく、野球好きなら知ってるという程度らしい。
その点サッカー選手の中田は野球選手よりは世界で知られているが、正直世界レベルでは一流選手というわけではないのでどうしてもその他大勢という感じなので一応みんな「名前は知ってる」というレベルなのでもしらしたら日本人ということは知らない人が多いかも知れない。
で、キタノはどうかというと自分は多分ヨーロッパで一部のマニアが知ってるというレベルではないかと思う。
そもそもいくらネットを調べても海外でのキタノ映画の興業成績はわからない。
海外で興業収入が高い日本映画というとポケモンが最高らしいが「世界のキタノ」の興業成績はいくら検索しても出てこない。
もしかしたらあまりたくさんの映画館でやっていないのではないかと思う。
それなら例えば日本でも渋谷とかで単館上映とかしかしない映画はあるが、そういう映画の監督の名前を普通に挙げられて10人に1人も知ってると言うだろうか?
多分知らないだろう。
もしかしたら「世界のキタノ」の世界の知名度もそんなものかも知れない。
逆にそんな単館上映レベルの外国映画の監督がいきなり日本で「私は世界の○○です」などといきなり言い出しても滑稽どころかイタイと思うのだが、それが「世界のキタノ」を本当に世界の目で見た実情なのではと思うが。
しかし映画祭で賞をたくさん受賞しているのだから評価が高いのは事実だろう。
キタノのように日本で人気が出る以前に海外での人気が高くなり人気が逆輸入されて国内でも人気が出た例で、ジャンルは違うがYMOを思い出す。
YMOは当初日本では知る人ぞ知るくらいのバンドだったが海外でレコードデビューしワールドツアーを開始しヨーロッパなどをまわった。
その模様は各メディアで報道され話題になり、結果人気が日本に逆輸入されて国内でも人気に火がついた。
しかし後に当時人気があったはずのYMOのレコードはじつはヨーロッパのどの国でもヒットチャートのトップ10とか20とかに出るほどのヒットは出ず、イギリスではチャートの100位前後に出る程度の売り上げだったらしいし、ワールドツアーといっても大きなコンサートホールやスタジアムをツアーするのではなく、ほとんどライブハウスや小さなホールでの公演でそれさえも満員にはならなかったと聞いた。
今でいうなら売り上げ的にもツアー的にもまあインディーズバンド程度の規模でとても当時ヨーロッパの普通の人に認知されていたとは思えない。
しかしそれをきっかけに国内では大抵の人が知る有名なバンドにはなったし、坂本龍一等は今では海外でも少しは認知されるようになり、YMO自体も海外でもマニアには知られるくらいにはなった。
今思うとこれは海外での人気があるように演出して話題作りをしてから国内の認知度を上げてから国内の人気を上げるためのメディア戦略だったと思う。
海外で形ばかりデビューしてツアーしても多分当時は赤字だったはずだ。
ただYMO自体は各メンバーがまったくの新人というわけではなく、プロとして前歴がありそこそこ業界やメディアにもコネがあったはずだ。
だからこんな戦略を仕掛けられたのだろう。
まあもちろん各映画祭で賞を受賞した評価は本物ではあるが、北野監督も言わずと知れたお笑い業界ではすでに大物だったわけで一般の無名の新人監督とはカネもコネもたくさんあったわけなので「お笑い芸人ビートたけし」がいなくてもここまで評価される作品を作ることが出来たかはわからないと思う。
また、いかにも外国人から見た日本のわかりやすいイメージや記号を散りばめた作風もなんだか最初から海外での評価をテコにむしろ日本への人気の逆輸入を意図していたのではと勘繰られても仕方のない作風も多い。
だから海外での映画祭での受賞はそれなりにすごいことだとは思うが作品の価値だけで評価されたのではなく、そんなメディア戦略の一貫として初めから意図的に作品を作ってきたとしたら、そんなメディア戦略に頼るしかない監督が作品の「芸術性」云々を語るのもまた、胡散臭い。
いずれにしても詳しいデータはないが「世界のキタノ」の海外の興業収入がある程度あればポケモン同様誇らしげに書き立てていすはずであるから、おそらく数字にするのも憚られる程度の微々たるものであるに違いない。
とすれば「世界のキタノ」等と言ってもその「世界」では食っていないのは明白である。
それどころか監督として生活が成り立っているなら何故?と思う程彼のメディア露出は高く、自分はあまりテレビ見ないがたしか週に一本以上はレギュラー番組があり、その他あちこちで顔を見るので監督以外の収入の方が多いんじゃないかと思うので半分以上「映画」ですらも食ってないのではと思う。
まあ、武士は食わねど高楊枝というが彼も「世界のキタノ」では食えてなくてもプライドだけは高く作品の芸術性には自信を持ってるようなので、おれの芸術は理解されないとか、映画祭に来た日本の芸能人には「お客さん」よばわりしたりとか言うことだけは一人前なので彼もやはりサムライなのかも知れないが。
まあ、町人としてはやはり人間メシ食えるようになって一人前なので、「世界のキタノ」として偉そうにふんぞりかえって芸術を語るのは「世界のキタノ」としてメシが食えるようになってからにして欲しいと思うのであった。

スポンサーサイト

  • 2017.07.20 Thursday
  • -
  • 12:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
かなり悪意のある文章だ。
現実がわかってない。
もしくは、芸術がわかってない。
コマンドールの意味もわかってない。
  • 山本 真
  • 2015/06/12 11:00 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/06/27 1:58 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
amazon
人気ブログランキング
yahoo
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    町人 (07/15)
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    powerpc970 (07/15)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    町人 (06/11)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/02)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/01)
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    山本 真 (06/12)
  • ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?
    ニンニク姉妹 (08/31)
  • 集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾
    四九蔵小僧 (07/05)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    町人 (07/04)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    十三小僧 (07/03)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM