スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


捕鯨問題の現実とサムライ官僚のノスタルジー

2015年のWIREDの記事なのだが、日本の捕鯨問題のあまり知られいない側面を明らかにしているので訳してみた。
以下は記事の翻訳である。


「日本人は殆んど鯨を食べないにもかかわらず、なぜ捕鯨を続けるのか?」

第二次世界大戦後、日本経済は崩壊し、食糧は乏しく、特に肉が不足していました。
戦後の連合軍占領期に日本を支配したダグラス・マッカーサーは、日本人は海からタンパク質を得るべきだと決めました。
1946年、彼は2つの軍用タンカーを巨大捕鯨船に指定し、日本の商業捕鯨の新しい時代を導く助けとしたのです。
そして日本の戦後世代の子供たちは、学校給食で鯨肉を食べて成長したのです。

ああ、時代はなんと変わってしまったのか!

日本は今週、国際的な捕鯨禁止条約に反してミンククジラの捕鯨を再開した時、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、そして世界のほとんどの国の反対の立場にあることに気付きました。
国際捕鯨委員会は、1986年以来、商業捕鯨を禁止しており、例外として科学的調査のみが認められています。
日本はこの禁止措置に本心ではないにせよ従い、一年で殺す予定の333頭のクジラを純粋に研究の対象だと主張しています。

(一方でアイスランドとノルウェーは、禁止措置に反対し、科学を言い訳として使用せずに商業捕鯨を継続している)。

もしかするとあなたは、日本が捕鯨を正当化するための論拠として、もはや世界中で親しまれている日本料理と関連付け、鯨肉が非常に重要な食材なのだと結論づけるかも知れません。
が、それは間違いです。
小規模捕鯨は日本の一部地域では伝統でしたが、全国的な意味ではどちらかというと鯨肉は第二次大戦後によく食べられた食材です。
なので年配の日本人にとっての、懐かしい食べ物に過ぎない、と、日本研究教授で近代日本料理の著作「食べ物、力、ナショナル・アイデンティティー」の著者であるカタルツィナ・クワートカは言っています。

それ以外の日本人にとって、鯨肉は興味をそそられる以上のものではありません。
「私は子どもの頃に鯨の安い肉の恩恵を受けたの世代です。しかし、私の子供たちは、鯨肉を食べた経験はまったくありません。」と、農業学科の教授であり、「日本の食事変化とその影響」の共著者である小林和彦は言います。
「つまり、もはや鯨肉はかつての重要な食物としての地位になく、日本人の大多数にとってはせいぜい好奇心をそそる程度の食品に過ぎなくなったという事です。」

グリーンピースが第三者機関の日本リサーチセンターに依頼して実施した2006年の世論調査では、日本人の95%が鯨肉を食べることはめったにない、あるいは食べたことがないことが判明しています。
また、2002年から2012年の間に日本国内に冷凍保存している鯨肉の在庫は4,600トンに倍増しました。

日本の元捕鯨交渉担当者でもある小松正之さ氏は、捕鯨にかかわる仕事に就く以前には鯨肉を食べた事がなかった、と言いました。
「鯨肉の味を知らなかったので、無理にでも、と食べてみました。」と彼は言う。
「おいしかったですね。でも病みつきになったというほどでもないですね。」
その正之氏は、2007年まで農林水産省に勤務しており、その際国際捕鯨委員会のメンバーに対し「日本の決定に対し、誤った感情的な見解を押しつけている。」と非難しました。

では本当のところ、捕鯨禁止への抵抗の背後にあるのは何なのでしょうか?
他の動物を殺すことを禁止する前に捕鯨を禁止することは、論理的には少し矛盾していると言う日本側の主張もあります。
保護に関するものであるなら、日本食において鯨よりはるかに重要なクロマグロもまた絶滅危惧種ではない事はどう説明するのか、と。 (IWCはミンククジラ:日本の捕鯨対象になっている種、の個体数が最近数十年で減少している事を危惧しているが、ミンククジラは実際には絶滅の危機に瀕していると言うほどではない。)

また捕鯨が残酷であるという主張があるならば畜産も同様だ、と。
クジラが賢いという理由で捕鯨がダメなら、豚も賢くないとは言えない、とか。
ただ、鯨を食べる事であるとか、ましてや、捕鯨をする事によって、間引いて保護するという主張は、あまり納得させられるものではありません。

それに"クジラだけを救う"というのなら不合理かもしれませんが、実際にはパンダや北極熊、または他の愛すべき哺乳類も保護しているのです。
ただ、過激な行動はシンボルとなる出来事に便乗しようとします。
たとえば、鯨がグリーンピースのような環境団体にとってシンボルとなったのと同様に、それに対応して、日本人にとっては捕鯨が政治的シンボルとなっているのです。
「外国人による捕鯨への強い非難は、伝統的な価値観への非難ととられている。」と小林氏は言います。
日本政府は現在、捕鯨産業に年間5千万ドルものの助成金まで与えてまでいるのですから。

にもかかわらず政治的な意味での典型的な日本人の捕鯨への姿勢は自己矛盾に陥っており、食べ物としての鯨肉には無関心なままである、と小林氏は付け加えています。
なので結局日本が殺そうと計画している333頭についても、すでに以前の1,000頭の目標から大幅に減っているわけです。
また、クワートカは日本政府の高官たちのほとんどが、子供のころ鯨肉を食べて成長した年配の世代である事も指摘しています。
結局鯨肉食は、国際的な干渉があってもなくても、すでに衰退しているということです。

元記事(英文)


現在捕鯨問題は自然保護や経済の問題から大きく乖離して、あたかも民族、伝統に対する干渉として日本の右翼、右派政治家のアイコンと化している。
この文章はその現状を非常に冷静かつ的確に分析している。
特に鯨肉の食という立場においては日本人自体も95%が鯨肉を食べず、調査捕鯨においてストックした鯨肉も貯まる一方だという事実を、捕鯨産業自体も結局補助金で頼みで産業として成立していない現状が見える。

さらに「ザ・コーブ」やそれに対する反論映画の盛り上がりから愛国的アイコンと化した捕鯨問題の本質は、自己矛盾に満ちたものであるという事もわかる。

特に全国的にはあまり一般的ではなかった鯨肉食を広めたのはマッカーサーであったという事実を知っても捕鯨問題は愛国的アイコン足り得るのだろうか?
言葉を変えれば平和憲法とともに右派の大嫌いな「戦後レジーム」の一部という視点も成り立つだろう。

つまり捕鯨問題とは伝統文化とはあまり関係がなく、単にサムライ官僚の上層部や中枢にいる政治家達が戦後の「鯨肉食世代」に多いゆえに愛国的アイコンと化したに過ぎない事を立証しているだろう。


ナチスのユダヤ人虐殺も忖度だった?安倍自民が作ろうとする忖度社会

第2幕 やはり忖度はあった! 逆ギレの安倍首相 狼狽する財務省 笑う籠池氏
ソースリンク


野党との攻防はソースを読んでもらうとして、今回は安倍の答弁がきっかけで最早流行語となりつつある「忖度」の恐ろしさについて語りたい。
そもそも森友問題とは長期化した安倍政権がその人気に胡座をかいて、本来越権行為である許認可権や国有地の売却の権限を指摘に濫用し、自らと主張の近い森友学園に対して利益供与をした問題である。
殆どが状況証拠なのだが、安倍の教育に対する軍国主義的な主張や歴史観などを考慮すると、それと近い理念を持つ森友学園に肩入れするのは不思議ではないし、自らの名前を使わせたり、夫人を名誉校長に据えさせたあたりを見ると限りなくクロである。
特に用地買収問題では安倍が本当に利益供与したのであれば職権濫用であり、犯罪である。
そこで追求の手を逃れるために安倍使った便利な言葉が「忖度」である。
つまり今回の森ともの件では「直接命じていないが、官僚のみなさんが安倍の気持ちを察して勝手に動いてくれたのではないか?」と言う意味である。
言葉はいいが、これは最大級のパワハラである。
それも自らは手を汚さずに追及を免れることが出来る卑劣なパワハラだと言ってもいい。
言葉を変えればいじめだ。
そもそも職務に関する命令であれば守る必要がある。
だが今回の件は首相の仕事ではなく、単に安倍の仲良し、思想が近い連中に職権濫用して利益供与をしたという越権行為に過ぎない。
権力の濫用だ。



これがまかり通ればいじめである。
いじめっ子が「腹減ったなぁ、パンでも食いてえなぁ」とデカイ声で凄んでもやしっ子を睨む。
ビビってパンを買いに行っていじめっ子に与えた所を教師が見つける。
しかしいじめっ子は言うであろう。
俺はパンを買えとは言ってません。奴が忖度して買って来たんですよ

そう考えると忖度は日本の社会に溢れている。
サービス残業、サービス休日出勤、飲み会、みんな建前では強制ではないが、忖度している。
国のトップがブラック労働を奨励しているように思われても仕方ない。

更に恐ろしい忖度もある。

【「日本死ね」という言葉が公共空間に飛び交う不気味さ(アゴラ)】
ソースリンク
全文はリンク先で見ればいいと思うが、「日本死ね」が流行語大賞になった時の意見だ。
問題はここで

ナチスでさえ「死ね」という言葉を使わない

現代史の中で、国家が組織的な殺人を繰り返す異様な国は、いくつかあった。ナチスドイツ(1933−45)は欧州のユダヤ人を最大推計で600万人、また政治犯、ロシア人捕虜、精神病患者、占領地の反対者を組織的に殺害し続けた。

なぜこんな残酷な政治体制が、当時の先進国であったドイツで成立したのか。
こうした疑問をもって、私は当時のドイツの状況を分析した本を何冊も読んだが、国内プロパガンダで印象に残ることがあった。
そこでは相手を「殺す」とか、「死ね」などの、下劣な言葉は可能な限り注意深く避けられていた。
ユダヤ人の組織的殺害については「政治的解決」「措置」「移送」という言葉が使われた。
パルチザン、占領地の虐殺は「政治的検査」という言葉が使われていた。
プロパガンダでは、敵の存在は強調されたが、それをどう処置したか、明確にされなかった。
当時のドイツ人、ドイツ軍人は何が行われていたかはうすうす気づいていたが、何も言わなかった。

で、ゆえに
日本人は、こうしたナチスより、またそれを受け入れた当時のドイツ人より、民度が低いのだろうか。

と疑問を呈しているが
こいつは知的障害でもあるのか?

死ねと言う言葉を本当に使わなかったとして、それで600万人の虐殺が正当化されるのか?
いや、むしろ「死ね」ではなく「殺せ」でもなく、「措置しました」などと言った方がより残虐で恐ろしい。
なぜなら措置なんてはの明らかに相手を人間だと思ってない、虫ケラやゴミクズだとおもっていてこそ使える言葉だろう。

現実には誰も殺さず、ただ「死ね」と言った人間の方が民度が低いとはよく言えたものだ。
まあ個人的には民度などと言う言葉自体が昔はあまり使われてなかった胡散臭い言葉だが
600万人を虫ケラと同様に殺す「民度」とは何なのか?

更に恐ろしいのはナチスはだれにも「殺せ!」と言われてないのに何故600万人も殺したのか?
それこそ「忖度」があったのではないか?
ナチスドイツ全体が、ヒトラーや幹部達の心情を慮って、「忖度」したのだろうか?
そして公式文書に幹部達の「殺せ」の一言もないのに、「忖度」して600万人がゴミのように「措置」された。
恐ろしい話だ。
しかも命じる人間は「殺せ」などと言う「下品な言葉」を一言も発する事なく、良心の呵責なく

かつてKYなどと揶揄された安倍だが、他人にはKYする事なく、空気を読んで忖度させているとは皮肉な話だ。
安倍がボキャブラリーの貧困さを克服して使った「忖度」の裏にある、サムライ官僚が安倍意のままになり、しかも自分が責任を負うことのない忖度社会。
そら恐ろしさを感じるのは町人だけなのだろうか?

ロシアに落ちた北朝鮮ミサイルで日本が大騒ぎ

北朝鮮ミサイル、ウラジオストク南方海域に着弾か ミサイルはウラジオストク南方の海域に落下したとみられる (CNN) 米政府当局者は14日、北朝鮮が同日未明に発射した弾道ミサイル1発は北朝鮮の北方に位置するロシアのウラジオストク地域から南へ60マイル(約97キロ)離れた海域に着弾した可能性があることを明らかにした。 CNNの取材に述べた。ウラジオストクにはロシア軍の太平洋艦隊の司令部がある。 北朝鮮が今回のミサイルに設定していた弾道の詳細は不明。米当局は、関連データを詳しく分析し、ミサイルの種類などの特定に努めている。 米国防総省当局者はCNNに、現時点で大陸間弾道ミサイルの発射に合致する兆候はないとも述べた。



不思議な話である。
今回のミサイル発射実験における政府の発表だ。
このニュースを見ると着水したのはウラジオストクの南方100キロ弱の地点だ。
だとすればそこはロシアのEEZ(排他的経済水域)内(領土の海岸から約370キロ内)であるはずだ。

しかし日本のマスコミや政府の発表では「日本海に着弾」ばかりが強調され、まるで日本がターゲットになったような書き方である。
前回の発車失敗の際はあくまで北朝鮮の国内を出なかったにもかかわらず、はるかに離れた東京で地下鉄が止まったわけでもあった。

何かこういった変な報道は逆に異様な危機感の煽り方をしているとしか思えない。
本来、国と言うのは何か有事の際には危機感を煽るのではなく、逆にデマを防止して正確な情報を与えるべきなのに今の安倍政権はむしろ火種を広げようとしているようにしか見えない。

つくづくサムライ政権の支配するくにになってしまった、と思う町人だ。




集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾

何を考えているのか?
その場しのぎの人気取りの為の拉致被害者帰国を金で買う為か?
あまりの思考能力が低さに同盟国も頭を抱えてしまうだろう。
その馬鹿っぷりは自らを虎視眈々と狙う北朝鮮のバックである中国に助けを求める韓国を全然笑えない。
その中国ですら金正恩のキチガイっぷりに嫌気がさして距離を置こうとしている。
その為に失った北朝鮮の資金源を今度は日本が提供しようとしているのだ。

その見返りに北朝鮮が何をするのか?
拉致被害者問題の協議が始まって北朝鮮が具体的にしたことと言えば日本海へ向けてのミサイル発射くらいだ。
JUGEMテーマ:ニュース



続きを読む >>

異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準

天下の悪法である。
いや、法ですらないのであるが、この決定を元に今後の国家の根幹である防衛政策が決まって行くのだ。
安倍内閣が決定した集団的自衛権に関する閣議決定だ。
集団的自衛権に関する議論は必要かも知れない。
しかし安倍内閣は最悪の形で行使を決定した。
全文を読むと、本当にそのいい加減な姿勢がよくわかる

JUGEMテーマ:ニュース

続きを読む >>

ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?

ヘイトスピーチと言う言葉がいつの間にか世間に広まった。
何でも横文字にすれば真新しく感じるものだからな〜と町人は思っていたのだが、この言葉の台頭にはもっと根が深い問題が絡んでいるように思えてきた。
そもそも「ヘイトスピーチ」なる言葉が巷で使われだしたのは在特会のデモがきっかけである。
今や知らない人はいないと思うが在特会とは「在日特権を許さない市民の会」だそうだ。
いわゆるネトウヨのオフ会みたいなもので、大半の主張はキチガイの妄想みたいなものだと町人は認識していた。
しかし、彼等の主張に対する、ヘイトスピーチという表現の登場、反ヘイトスピーチ団体の出現などを見るに連れ9割はキチガイの妄想としても残りの1割に疑わしき部分があるのでは?と思うようになってきた。
まあ明らかに無理のある陰謀論やハードルの低過ぎる「在日認定」はともかく、在日特権の実態については非常に興味があるし、あと在日の人とパチンコ業界の結びつきはかなり重要だと思う。
なぜなら違法な「私営ギャンブル」を法の番人である警察が保護するという事態は明らかに異常だからだ。


これは町人が個人的に体験した話で、違法なはずのパチンコ店の景品交換所の出店に、警察の人間が関与していたという事実に基づいた疑問だ。

続きを読む >>

25年を迎えた天安門事件といまだ知られざる無名の反逆者

JUGEMテーマ:ニュース

いまだに解決するどころか中国の人権状況は悪化しているそうだ。
ゆえに天安門の悲劇はまだ風化しない。
天安門の無名の反逆者への想いをU2の名曲を使って表現した動画をアップしてみた。
よかったら見て欲しい。




続きを読む >>

集団的自衛権を行使した結果??民間人80万人が死んだ戦前

集団的自衛権の論議が活発になっている。
安倍内閣は議論の行方を待つつもりがあるのかわからないが。

しかし、ここで一つ町人は聞いてみたい。
集団的自衛権の行使は国民を守る為に必要なのか?
なぜか議論は非常に些末な部分で交わされてる。
こういう場合はどうなのか?
こういうケースではどうなのか?
すべて無意味である。
どんなケースを想定しても想定出来ない事態が起こるのは必然であり、それは東日本大震災で想定以上の津波が起こった結果からも明らかだ。
では、どう判断すればいいのか?
物事には結果があり、結果から判断することも必要だ。



続きを読む >>

原発事故の健康被害と風評被害を測りにかけるバカ

安倍はやはり正気じゃない。
もっと控え目に言うとバカだ。
第二次安倍内閣の発足直後は、少しはマシになったのかと様子を見ていたが、完全に化けの皮が剥がれてしまった感だ。
今の自民党への支持は民主党のオウンゴールの結果でしかないのだが、やはり理解出来ていない。

ただ、民主党が崩壊した今、安倍の代わりがいない、と言うより誰でもそんなに変わらないという理由からの消極的な支持でしかない。
加えて中国の海洋進出や反日デモなどの外的な要因が国民を不安にさせ、そういう問題に対して態度のはっきりしない野党に対する不信もあって支持率が落ちないだけですべて「敵失」の結果である。
それはさて置き、まるで政府見解と違う発言をする者には断固として言論弾圧をする、と言わんばかりの香ばしい見出しだ。
しかし現実はその発言とは裏腹にじわじわと原発事故の被害が単なる「風評」とは言えないレベルに拡がって行っているのが明るみに出ている。
福島の子ども甲状腺がん50人に 県、放射線の影響調査
続きを読む >>

「トモダチ作戦従事の元米兵、東電を提訴」の記事から推測する福島の被曝の現状

JUGEMテーマ:ニュース

政府と東電の隠蔽工作によって沈黙する国内のメディアが報じない福島の原発事故の現状。
海外メディアの記事に基づく報道によると、あのトモダチ作戦に参加した米兵にも被害があるようだ。

トモダチ作戦従事の元米兵、東電を提訴 “金属の味”の物質が甲板に降り積もったとの声も…海外紙報道
しかも作戦参加の際には「医学的に健康で疾患なし。政府に訴訟を起こさない」という文書にまで署名させられたという。
しかし現実には多くの兵士が健康被害に苦しんでいるという。

更に汚染された空母はその後任務につけず、最悪廃棄もあり得るという。
本来なら日本が大変な時に駆けつけてくれた米軍には感謝してもし足りないはずなのに、何と言う仕打ちだ。
サムライは義を重んずると嘯くが、官僚サムライは恩も仇で返すのか?
しかもこの隠蔽の構図からはある疑惑が浮かび上がる。
同様の文書に原発の作業員も署名させられているのでは?という疑惑だ。
噂レベルだが、福島で甲状腺癌を発症した子供達の両親も将来の為にならない、と口止めされているという話もある。
しかも論理的に考えれば一時的に救助に参加した米軍が健康被害を受けていて、あれからも流出が続く福島の人々や環境に何の被害もないとは全く考えられないではないか?
そしてこの事実もやはり闇に葬るのがサムライなのか?
いよいよ日本は官僚サムライの手によっておかしな方向に向かわされていると危惧する町人の一分である。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
amazon
人気ブログランキング
yahoo
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    町人 (07/15)
  • 卑劣な災害への便乗ーまたもやデマ拡散の巣窟となったTwitter
    powerpc970 (07/15)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    町人 (06/11)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/02)
  • 山口敬之レイプ揉み消し疑惑ーTwitterハッシュタグというデマ拡散システム
    通りすがり (06/01)
  • 「世界のキタノ」は本当に世界で知られているのか?
    山本 真 (06/12)
  • ヘイトスピーチは真実を眩ませる為の道具か?
    ニンニク姉妹 (08/31)
  • 集団的自衛権行使を謳いながら安全保障の枠組みを台無しにする矛盾
    四九蔵小僧 (07/05)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    町人 (07/04)
  • 異常なほど曖昧な集団的自衛権行使の基準
    十三小僧 (07/03)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM